3型を買ったが、縦グリルの2型に憧れ続け、ようやく手に入れた1台に乗る|S54A-2型|1966年式 プリンス スカイライン 2000 GT-A |S54スカイラインと新たな仲間たち

2013年、初秋のある日、西日本でS54スカイラインのオーナーたちが集まるという情報が入ってきた。そして、取材がきっかけとなり、オーナーズクラブ設立にまで話が進展したという。その名も「プリンスS54クラブ西日本」。プリンス車への愛情あふれるオーナー達を紹介。

【01】1966年式 プリンス スカイライン 2000 GT-A ツゲの板にパターンを浮き彫りにしたワンオフのシフトノブなど【写真8枚】



オーナー/五島紳一郎さん

 学生時代より、数多くのクルマを乗り継いできた五島紳一郎さん。10年前からS54スカイラインのオリジナル度の高い個体を探していて、今年ようやく気に入ったクルマに出合った。「父親がドクターで、往診車としてS50スカイライン1500に乗っていました。その時の印象が残っていて、いつかはS54を手に入れたいと思っていました」と五島さん。実は最初にS54A-3型を買ったが、たまたま出物のS54A-2型と遭遇。「この機会を逃したら次はない」と思い、憧れていた縦グリルの2型に鞍替えした。オリジナルの姿を好むが、シフトノブはホンダSのものを元に、ツゲの板にパターンを浮き彫りにしたワンオフものを装着している。


> 6台のオーナー車、プリンススカイラインの紹介は続く(1/6台目)