第93回アカデミー賞授賞式総括:『ノマドランド』主要3部門を受賞、監督はアジア人女性初受賞

米現地時間4月25日、ロサンゼルスで開催された第93回アカデミー賞授賞式で『ノマドランド』が作品賞を含む主要3部門に輝くという偉業を成し遂げた。非白人女性として初めて監督賞に輝き、歴史に名を刻んだ同作品のクロエ・ジャオ監督。また、女優のフランシス・マクドーマンドは、3回目となる主演女優賞を受賞した。

作品賞、主演女優賞、監督賞というアカデミー賞でもっとも栄えある賞とともにクロエ・ジャオは、監督賞を受賞した初の非白人女性として歴史に名を刻んだ。女性が監督賞を受賞するのは、ビンラディン暗殺作戦の裏側を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』で2010年に同賞を獲得したキャスリン・ビグロー監督以来2人目だ。『ノマドランド』に主演したフランシス・マクドーマンドは、3回目となる主演女優賞に輝いた(1997年に『ファーゴ』、2018年に『スリー・ビルボード』で主演女優賞を受賞)。

>>関連記事:『ノマドランド』クロエ・ジャオ監督、ジャーナリズム精神で社会に寄り添う映画づくり
>>関連記事:21世紀の移民女性を描いた映画『ノマドランド』が伝える、愛とともに彷徨いつづける生き方

ほかのアクティング部門では、『ファーザー』で認知症の父親を演じたアンソニー・ホプキンスが2回目の主演男優賞を受賞するというちょっとした番狂わせもあった(ホプキンスは1992年に『羊たちの沈黙』で同賞を受賞)。その一方、『ユダ・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』で米黒人解放組織「ブラックパンサー党」のリーダー、フレッド・ハンプトンを演じたダニエル・カルーヤが助演男優賞を受賞。アメリカに移住した韓国人の家族を描いた『ミナリ』で主人公一家の祖母を演じたユン・ヨジュンが助演女優賞を受賞した。

脚本賞を受賞したのは、『プロミシング・ヤング・ウーマン』のエメラルド・フェネル。13年前に脚本家のディアブロ・コーディが『JUNO/ジュノ』で同賞を受賞して以来2人目の女性監督/脚本家による受賞となった。脚本賞は、『ファーザー』のフロリアン・ゼレール監督と脚本を手がけたクリストファー・ハンプトンに贈られた。

音楽部門では、『ユダ・アンド・ザ・ブラック・メサイア』の主題歌「Fight for You」を手がけたH.E.R.が主題歌を受賞。『ソウルフル・ワールド』のトレント・レズナー、アティカス・ロス、ジョン・バティステが作曲賞を受賞した(レズナー&ロスにとっては2度目、バティステにとっては初のオスカー)。

>>関連記事:『ソウルフル・ワールド』で大注目の逸材、ジョン・バティステが語る新しい音楽の役割

新型コロナのパンデミックにより、今年の授賞式はおなじみのドルビー・シアターではなくロサンゼルスのユニオン・ステーションで開催され、例年と比べるとかなり小規模だった。だが、アメリカ西部のターミナル駅であるユニオン・ステーションは、光が降り注ぐ大きな窓の効果によって魅力的な授賞式会場となった。そこでは、選ばれた少数のゲストたちが社会的距離を保ちながらテーブル席に着いた。多少は2月に開催されたゴールデングローブ賞授賞式と似たり寄ったりな雰囲気もあったが、授賞式のディレクターを務めたグレン・ウェイス——ならびにスティーブン・ソダーバーグ、ステイシー・シェア、ジェシー・コリンズといったプロデューサー陣——は映画にふさわしいスタイリッシュさを備えようと力を尽くした。女優のレジーナ・キングが颯爽とメインステージに上がるオープニングシーンは、ソダーバーグ監督の『オーシャンズ』シリーズから飛び出してきたかのような印象を与えた(司会者不在のアカデミー賞授賞式は今年で3度目)。


今年の授賞式の最大の変化は、主題歌賞のパフォーマンスが授賞式から授賞式前のイベントに移行した点だ。イベントではドラマーのクエストラブがDJを務め、続いて俳優でコメディアンのリル・レル・ハウリーがアカデミー賞に関するクイズゲームの司会進行役をこなした。その後、女優グレン・クローズが「Da Butt」に合わせて披露したダンスでイベントは幕を閉じた。「Da Butt」は、スパイク・リー監督の1988の映画『スクール・デイズ』のサントラ収録曲で、作曲者はワシントンDCを拠点に活動するゴーゴーバンドE.U.(この直後に毎年恒例の「追悼コーナー(In Memoriam)」が続き、3時間半におよぶ怒涛の授賞式が行われた)。

今年のアカデミー賞は、従来の授賞式よりも時間の使い方に対してずっと寛大だった。忌々しいBMGによって強引にスピーチを中断される心配もなく、受賞者は時間をかけてスピーチを行うことができた。このおかげで感動的なシーンの自然さが際立つ結果となった。『アナザーラウンド』で国際長編映画賞を受賞したデンマークのトマス・ヴィンターベア監督が一人ひとりに感謝の気持ちを伝え終わったあとに同作の撮影開始直後に他界した娘について語った感動的なスピーチは、その代表例と言える。さらには、興奮気味のカルーヤがフレッド・ハンプトンのこれまでの功績と今後の課題について語った一方、「今夜は最高の気分だ。ほんとうに、人生を楽しまないと——僕らは息をしていて、歩いていて、ほんとうに信じられないよ……すごいよな、ママとパパがセックスしたおかげで僕がいるんだ!」と言って母親に気まずい思いをさせることも忘れなかった。

このほかの今年の受賞作には、ディズニー&ピクサーにとってまたとなる長編アニメ映画賞を受賞した『ソウルフル・ワールド』が含まれる。長編ドキュメンタリー映画賞には『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』が輝いた。技術系部門では、『マ・レイニーのブラックボトム』のミア・ニールとジャミカ・ウィルソンがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞。初の黒人女性としてアカデミー史に名を刻んだ。さらには、同作で衣装デザインを受賞した89歳のアン・ロスがアカデミー賞受賞最高齢記録を打ち立てた。

さらに賞授賞式では、「音響編集賞」と「録音賞」をひとつにした「音響賞(Best Sound)」という部門が新たに導入され、『サウンド・オブ・メタル〜聞こえるということ〜』が同賞を受賞した(ジェイミー・バクシュト、ニコラス・ベッカー、フィリップ・ブラッド、カルロス・コルテス、ミッチェル・コートレンツ)。同作は編集賞にも輝いた(ミッケル・E・G・ニールセン)。『TENET テネット』が視覚効果賞を(スコット・R・フィッシャー、アンドリュー・ジャクソン、デヴィッド・リー、アンドリュー・ロックリー)、『Mank/マンク』が美術賞を(ドナルド・グラハム・バートとジャン・パスカル)と撮影賞(エリック・メッサーシュミット)を受賞した。

>>関連記事:社会現象級の大ヒット、ノーラン監督の超大作『TENET テネット』に世界が熱狂する理由

短編実写映画賞に輝いたのは『隔たる世界の2人』だ。同作に出演したラッパーのJoey Bada$$(ジョーイ・バッドアス)は、黒人と警官の交流を描くのにSFタイムループを利用した。短編アニメ映画賞を受賞したのは、子どもを突然亡くした夫婦の悲しみを描いた『愛してるって言っておくね』。短編ドキュメンタリー賞は、第2次世界大戦中の元レジスタンスメンバーである実在のフランス人女性コレット・マリン・キャトリーヌさんを描いた『Colette(原題)』が受賞した(同作は、米Respawn EntertainmentとFacebookのOculus Studiosが共同制作したOculus端末専用VRアクションゲーム『Medal of Honor: Above and Beyond』に収録されており、VRゲームスタジオがアカデミー賞を受賞するのは今回が初となる)。脚本家、映画監督、俳優として活躍するタイラー・ペリーと、高齢の元映画関係者を対象とした介護施設や住宅施設を支援している慈善団体「Motion Picture and Television Fund(MPTF)」に映画業界の発展に貢献した人物・団体に贈られるジーン・ハーショルト友愛賞が贈られた。