女優の飯豊まりえが主演を務める、テレビ東京の新ドラマ『ひねくれ女のボッチ飯』(Paraviにて29日6:00より独占先行配信、配信後に地上波にて放送)の出演者が26日、明らかになった。

  • 瑛人

    瑛人

同作は同局のオリジナルグルメドラマ。人づきあいが苦手で友達もいない、ひねくれ女の川本つぐみ(飯豊)が、「ホワイトホース」という名のインスタグラムのアカウントに出会う。顔も名前もわからないが、よくある料理なのに妙に魅力的な食事の写真と、自分と似ている理不尽な境遇が綴られた投稿に魅力を感じ、「ホワイトホース」を自分の「白馬の王子様」だと信じる。王子と同じものを食べるために、ボッチ飯をするつぐみは、それが日々の楽しみになっていく。王子もまた、つぐみから来る唯一の「いいね」が楽しみになり……。

主題歌は瑛人の「僕はバカ」に決定。自らの頭の中を駆け巡った物語を普遍的なメロディーと瑛人ならではのワードで綴った“ちょっぴり切ない妄想ラブソング”で、ミュージックビデオには瑛人が1番会いたい女優で本作の主演である飯豊も出演している。

レギュラー出演者には、つぐみの勤めるコンビニの先輩アルバイト・岡林早苗役に片桐はいり、そのコンビニの店長・三好哲也役にダンディ坂野、白石の鬼上司・黒岩和彦役に川原和久、白石の同僚・飯島彩花役に辻凪子、そしてインスタのアカウント・ホワイトホースのつぐみの想像の声で下野紘が出演する。

各話出演者として勝村政信(第1話)、お笑いコンビ「たんぽぽ」の川村エミコ(第1話)、木下ほうか(第2話)、歌謡グループ・純烈の小田井涼平(第2話)、お笑いコンビ「浅草キッド」の玉袋筋太郎(第3話)、お笑いタレントの鳥居みゆき(第3話)と、各ジャンルで多くの実績を残している豪華キャストの出演が決まった。その他にも、モデルの花音や、若手俳優の濱正悟など、多くの注目の役者が登場する。

またシズル感満載のグルメにも注目で、第1話は「町中華のカツカレー」、第2話は「大衆食堂のしょうが焼き定食」、第3話は「居酒屋メニュー」など、食に通じたスタッフ達が足で探した実際のお店のメニューが続々登場する。

瑛人 コメント

主題歌「僕はバカ」MVでの共演は、飯豊さんへの僕の熱烈なオファーにより実現できました。 飯豊さんはとても優しくて気さくで、初めてお会いしたときは挨拶から顔が真っ赤っかになってしまいましたが、そんな僕に飯豊さんはたくさん話しかけてくれました。MV撮影の日は今までの人生で一番最高の日になりました(笑)
そんななか今回、飯豊さん主演ドラマの主題歌になると聞いたときはもう嬉しすぎて、しばらく黙ってしまいました。
「僕はバカ」は僕の妄想で作った曲ですが、インスタグラムを通して「白馬の王子様」と信じるつぐみちゃんと少し重なる部分があったのかなと、ラッキー! って思いました。
初めてのドラマ主題歌なので、毎回どのように流れるのか楽しみです!
ぜひ、飯豊まりえさんの可愛くて美味しそうに食べる姿、見どころたくさんの『ひねくれ女のボッチ飯』を見て、お腹をすかせてください!
そして、ドラマエンディングでは「僕はバカ」を聴いて、たのしい気持ちになってくれたら嬉しいです。

片桐はいり コメント

マスクをして距離を取ってお芝居をするドラマに、はじめて出ました。
すごく新鮮で、違う扉が開くかもと思いました。
皆さんもこのドラマのつぐみさんといっしょにマスクをして消毒して距離を取りながら、 ひとりでもおいしい時間を楽しんでいただければと思います。違う扉が開くかもしれません。

ダンディ坂野 コメント

タイトルが面白そう、こんなドラマに出られて幸せです。
台本読んでやっぱり面白い。
ストーリーはもちろんダンディの迫真?の演技も見てちょんまゲッツ!

下野紘 コメント

オファーが来た時、普通にビックリしましたね…!
個人的には、また声でドラマにレギュラー出演することがあると思っていなかったので。
しかも、今回はポエム!いろんなグルメドラマがありますが、日々いろんなことに悩んでいる登場人物たちの、共感しつつもどこかほっこりした所もある物語は、ポエムとともに斬新だなと思いました。
改めて、今回「ホワイトホース」こと白石のポエム担当下野紘です(笑)
各話数毎に、一見普通そうだけど、どこかおかしなことを言っているポエムに注目していただきつつ、登場する美味しいご飯や物語にも注目していただけたらありがたいです!
よろしくお願いします!!

川原和久 コメント

ひねくれ女の心の声が、随所に散りばめられているんですが、これが中々面白い。ある時は理不尽な相手に程よく毒づき、ある時は出てきた料理に斜めから突っ込む。それらがいちいち心地良い。ひねくれていると言うより逆に素直に感じて共感出来る。ん?これは自分もひねくれ男ということなのか……是非、ご覧下さい。

辻凪子 コメント

お母さんにテレビ東京女優、テレ東女優になりなさいと言われ、夢見て東京に出てきました。そしてテレビ東京さんで初めてのレギュラー出演がこの作品で本当に嬉しいです。ありがとうございます。
今の時代の食の楽しみ方を教えてくれるドラマだなと思いました。
ひとりぼっちだからこそ、料理と真正面から向き合えて、料理人の人生まで想像しちゃう。
一人で扉を開けるところからの物語を私も体験したくなりました。
ひねくれ女の心の中はすごくユーモアがあってクスクス笑っちゃいます。ひねくれ女と白馬の王子様が最後どうなるのか!とても楽しみです。
夢に大きいも小さいもない、いろんな夢を見てアルバイトやお仕事頑張ってる人に是非見て頂きたいです!

(C)テレビ東京