アパレル業界の在庫管理は、商品のライフサイクルが短く、商品展開の分類が多く管理が難しいという業界特有の課題があります。この記事では、アパレル業界の在庫管理の課題について整理し、どうすればこれらの課題を解決して在庫管理を改善できるかについてと、アパレル業界におすすめの在庫管理システムを紹介します。

資料請求をする(無料)≫

※ITトレンドに遷移します

アパレル業界の在庫管理が抱える4つの課題

アパレル業界の在庫管理は、業界特有の課題を抱えています。まずは、どのような課題があるのか整理しましょう。

1、商品のライフサイクルが短い

アパレル業界では、商品のライフサイクルは基本的に1シーズン売り切りです。扱う商品には流行りがあり、シーズンを過ぎると売れなくなる可能性が高くなります。そのため、商品は基本的に次シーズンや翌年には持ち越せません。

売れ残りの商品を次シーズンに回せない点では、食品などのように「賞味期限」のあるナマモノと同じ扱いだと言えるでしょう。

2、需要予測が難しい

アバレル業界は需要予測が難しく、在庫調整も難しいという課題も抱えています。同じブランドでも、地域や店舗が違うと売れ筋商品が異なる、ということも少なくありません。

各店舗で在庫を調整することも頻繁にあり、過剰在庫や在庫切れは常に起こり得ます。結果として、販売機会を失う、過剰在庫が経営を圧迫するなどの問題が多発しがちです。

3、商品展開の分類が多く検品ミスが発生しがち

アパレル業界は、商品展開の分類が多い点も特徴です。メインブランドの下にサブブランドが複数あり、それぞれにアイテム(トップス・ボトムなど)・サイズ・カラーごとの在庫を管理するのは大変な手間がかかります。

セレクトショップの場合は、さらに多くのブランドを取り扱うため、ブランドも把握しなければなりません。

4、在庫処分の手段があるため在庫管理に対する意識が薄い

アパレル業界では、シーズン商品が売れ残った場合、シーズンごとのセールやアウトレットとして売り切ります。在庫処分の手段が用意されているため、従業員は「売れ残ってもセールで売ればいい」と考えてしまい、適切な在庫管理に対する意識が薄くなりがちです。

アパレル業界の在庫管理には、このようにさまざまな課題があります。これらの課題を解決するため、基礎知識として知っておきたい在庫管理のキーワードを紹介します。

アパレル業界の在庫管理で知っておきたい4つのキーワード

アパレル業界の在庫管理を考える上で、知っておきたいキーワードを4つピックアップしました。いずれも重要なので、この機会に意味を把握しておきましょう。

1、SKU管理

SKU(Stock Keeping Unit)管理とは、商品の最小単位で在庫管理することです。衣類であれば、商品番号だけでなく、ブランド・サイズ・カラーまで細分化して管理します。

同じ商品でもサイズ・カラーによって在庫数は異なります。しかし在庫管理ができていない店舗では、ブランドと商品番号までしか管理できていないケースも少なくありません。アパレル商品はSKU管理を基本とすることが重要です。

2、RFID

RFIDとは、電波を発している小型のタグ(RFタグ)を、RFタグ専用のリーダーなどを使用して非接触で読み書きするシステムのことです。

RFIDを使うと、電波の届く範囲内なら一気にまとめて読み取れる点が大きな特徴です。バーコードでの読み取りに比べ、RFIDを使用すると10分の1の手間で棚卸しできます。また、手の届かない高い場所にある商品や箱の中にある商品もスキャンでき、アパレル業界にとってはメリットの大きいシステムです。

3、需要予測

どのような商品が、いつどのぐらい売れるかを予測することを、需要予測と言います。アパレルは、需要予測の難しい業界ではありますが、過去の販売状況や流行などを加味した需要予測を立てることは重要です。過去の経験則が完全に再現するとは限りませんが、ある程度予測を立てることで、在庫管理のリスクを最小限に留められます。

4、適正在庫

適正在庫とは、ひと言でいえば「ちょうどよい在庫量」のことです。費用を使い過ぎず、販売機会を逃さないためにも必要な概念と言えます。

アパレルの在庫管理を改善する8つのポイント

アパレル業界が抱える在庫管理の問題点を改善するには、いくつかの検討ポイントがあります。ここでは、8つの検討ポイントを紹介・解説します。

1、在庫業務の標準化

在庫業務の標準化は、在庫管理改善の第一歩として取り組みたい施策です。在庫保管庫内で、何の商品がどの辺りにどれだけ保管されているか把握し、店舗内で共有するようにします。在庫の配置を統一して在庫数を共有することで、誰でも同じレベルで在庫業務ができるようになります。

2、在庫状況の見える化

在庫状況を共有することは重要ですが、その手段として、在庫状況の見える化を進めることも重要です。在庫の見える化で重要なポイントは、在庫数と在庫場所の把握です。在庫業務を標準化することで在庫場所の把握がしやすくなるため、後は在庫数をどう見える化するか検討しましょう。

3、適正在庫を管理して定価で売り切る

在庫業務の標準化と在庫状況の見える化を進めていくと、適正在庫を管理できる環境が整います。後は、適正在庫を維持しながら、商品を定価で売り切るよう、店員全員で認識を共有しましょう。適正在庫を管理することで、機会損失の削減と利益率の向上が期待できます。

4、シーズンごとに在庫保管庫のレイアウトを変更

シーズンごとに、売れ筋商品は変わります。そのため、シーズンごとに在庫保管庫のレイアウトを変更し、売れ筋商品の場所を一番取り出しやすい場所にするなどの工夫をします。レイアウトを変更した後は店員全員に情報を共有してください。

5、過去データから需要予測を立てる

アパレル業界では、ベテランの勘に頼った需要予測が多く、実際に役立つケースも少なくありません。ただ、ベテランに頼ってばかりでは、業務が属人化してしまい、ベテランが転勤などでいなくなった後に混乱する可能性があります。

そこで需要予測はツールを使って過去データを利用した土台を作成。そのベースにベテランの経験をプラスする方向で検討しましょう。ツールを使うことで誰でも需要予測が可能になり、在庫管理業務の標準化を進められます。

6、入荷の処理はバーコードやRFIDを利用して自動化

商品分類が多く入荷業務に手間のかかるアパレル業界ですが、バーコードやRFIDを活用して入荷処理を自動化することで、業務の大幅な効率化が可能です。入荷商品が多くいつも検品に時間を取られているなら、RFIDによって一気に入荷作業を済ませるように検討してください。

7、スタッフ間・店舗間での在庫情報共有

スタッフ間・店舗間でも在庫情報を共有できる仕組みも構築しましょう。消費者の求めるサイズ・カラーの商品が他店舗にしかない、ということは頻繁に発生します。簡単に在庫情報を確認できれば、少しお待たせしてもお客様に取り寄せ可能と伝えることができ、販売機会の損失を防止できます。

8、SKU管理の徹底

商品の最小単位であるSKUでの管理は、アパレル業界では重要だと分かっていても、なかなか難しい業務です。ブランド・商品番号・サイズ・カラーで分類すると、分類数は膨大でなかなか把握しきれません。

SKU管理を徹底するためには、在庫管理をシステム化して、自動的にSKU単位での在庫数を確認できることが重要です。

ここまでアパレル業界の在庫管理を改善するポイントについて解説しました。改善ポイントを取り入れながら、実際に在庫管理を改善する方法については、次で説明します。

資料請求をする(無料)≫

※ITトレンドに遷移します

アパレル業界の在庫管理を改善する具体的な2つの方法

アパレル業界の在庫管理を改善する方法として、エクセルでの在庫管理方法と在庫管理システムを導入しての在庫管理方法の2種類を紹介します。

1、エクセルで在庫管理表を作成して管理

1つ目に紹介する方法は、エクセルで在庫管理表を作成して管理する方法です。小規模なセレクトショップでは、このシンプルな方法が便利でしょう。在庫管理表は、SKUを意識して以下の項目で管理します。

  • 商品名
  • 商品コード
  • ブランド名
  • サイズ
  • カラー
  • 入荷日
  • 現在の数量
  • 棚番など保管場所

入荷時に上記の情報を在庫管理表に記載し、後は販売状況によって「現在の数量」を更新してください。この在庫管理表を店員全員に共有することで、情報共有が可能になります。

2、在庫管理システムを導入して在庫管理

取り扱う商品数・SKU数が多くなってくると、エクセルで手入力しての管理は難しくなります。その場合は在庫管理システムを導入して、在庫管理を行う方法を検討してください。

在庫管理システムなら、入荷作業の自動化および読取データの在庫管理表への自動反映、販売したタイミングでの在庫数更新が可能です。

在庫管理システムの導入はコストがかかります。しかし、かけたコスト以上のメリットもあるため、費用対効果を考えて導入を検討しましょう。

アパレル業界が在庫管理システムを導入する5つのメリット

アパレル業界が在庫管理システムを導入するとどのようなメリットがあるかを解説します。

1、在庫業務の標準化と在庫の見える化を実現

アパレル業界の在庫管理を改善するポイントは、在庫業務の標準化と在庫の見える化です。在庫管理システムを利用するだけで業務の標準化や在庫数のリアルタイム反映ができるため、より効率的な在庫管理を実現できます。

2、RFID等を利用したSKU管理をスムーズに行える

RFIDを利用することで、入荷作業を素早く確実に行えます。RFIDで読み取った入荷情報はそのまま在庫管理システムの在庫情報にリアルタイム反映。SKU単位での管理もスムーズです。

3、需要予測もできる

在庫管理システムの中には、需要予測機能を装備しているものもあります。適正在庫を保つために、需要予測機能を活用できる点もシステム化のメリットです。

4、クラウド型なら社外からのアクセスも簡単で情報共有しやすい

昨今では、クラウド型の在庫管理システムが多くなってきました。クラウドサービスなら、社外からスマートフォンでのアクセスも簡単で、店員全員に情報共有できます。

5、アパレル特化型を選べば標準機能で使える

在庫管理システムは、総合型とアパレル業界特化型の2種類があります。アパレル特化型の在庫管理システムなら、カスタマイズの必要がなく、低コストで利用できます。

アパレル業界向けのおすすめ在庫管理システム4選

最後に、アパレル業界向けのおすすめ在庫管理システムを4製品紹介します。

1、アラジンオフィス for fashion

在庫ステータスをリアルタイムで更新し、在庫数の見える化ができるファッション業界向けの在庫管理システムです。色・サイズ別在庫管理やハンディターミナル連携、複数のECやネットショップの受注管理、実績分析など、アパレル向けの便利な機能はすべてそろっています。

2、Smart通販

BtoCの通販業務向けの在庫管理システム。在庫管理だけでなく、売上管理・仕入管理もできるため、アパレル系の通販業務を行う場合に適したシステムです。

3、ApaRevo

色・サイズ別の在庫管理が行え、ハンディターミナル連携も行える在庫管理システムです。各店舗のPOS連携で、在庫数をリアルタイムで更新でき、SKU単位での在庫確認もすぐに行えます。

4、zaicoban

AIを活用した在庫管理システム。SKU単位で滞留危険度などの予測情報を毎日表示し、適正在庫を保つために必要な施策を提示します。適正在庫の管理をしっかり行いたいという目的に適した製品です。

アパレル業界こそ在庫管理システムで経営改善を

在庫管理が複雑なアパレル業界こそ、在庫管理システムを導入して、在庫管理を抜本的に改善できる余地があります。システム化により、入荷作業の負荷改善や在庫数の見える化・情報共有化がスムーズに行えます。

在庫管理システムを導入して在庫管理を改善したい場合は、以下より製品資料を入手して、製品の比較検討にご活用ください。

資料請求をする(無料)≫

※ITトレンドに遷移します