ヤクルト・山田哲人

◆ 2本塁打含む3安打3打点と活躍

 ヤクルトの山田哲人が23日、神宮球場で行われた中日戦で2本の本塁打を含む3安打3打点と活躍し、チームの勝利に貢献した。

 1本目のアーチは初回、「先制された直後だったので何とかすぐに取り返してあげたかったです」と、試合を振り出しに戻すレフトスタンドへの6号ソロ。「芯にも当たることができましたし、自分のスイングができたので感触は良かったです」と振り返った。

 2本目は1点リードで迎えた7回無死の場面。「チームが良い流れでまわしてくれたので勢いに乗って打たせてもらいました」と、今度はレフトスタンド中段へ運ぶ7号ソロ。6回に川端慎吾の適時打で勝ち越したあと、キャプテンが貴重な追加点を叩き出した。

 この日は新外国人のドミンゴ・サンタナ、ホセ・オスナが一軍に合流し即スタメンに名を連ねたが、その前を打つ3番の山田と4番の村上宗隆が揃って猛打賞を記録。高津臣吾監督は「打線としては締まりが出る。非常にいい形だったと思います」と、手放しで喜んだ。

 ヤクルトはこれで引き分けを挟んで3連勝。貯金は今季最多の「3」となった。ツバメ軍団の勢いが増してきている。


取材・文=別府勉(べっぷ・つとむ)