東京事変、10年ぶりオリジナルフルアルバム『音楽』ロックの日に発売

東京事変が、2021年6月9日にオリジナルフルアルバム『音楽』を発売する。

2020年元旦0時に新曲の配信と共に突如再生を表明し、次々に新曲を発表してきた東京事変。10年ぶりとなるオリジナルフルアルバム『音楽』(読み:ミュージック)は、2年の歳月をかけて制作され、昨年先行配信した日本テレビ系新水曜ドラマ『私たちはどうかしている』主題歌「赤の同盟」など全13曲収録となる。

関連記事:ダーティ・ループスと亀田誠治が語る、「誰とも似ていない音楽」を作り出すための信念

特製ハードケース仕様の初回生産限定盤には、メンバーの制作風景を追った写真帖『仕事中』(40頁)を封入、
さらにこれまで配信のみのリリースでファンからもCD化が切望されていたマキシシングル『赤の同盟』(3曲入)を収録したCDがバンドルされる。


<リリース情報>



東京事変
最新アルバム『音楽(ミュージック)』

発売日:2021年6月9日(水)
【初回生産限定盤】価格:4500円(税込)
・特製ハードケース、CDアルバム『音楽』(全13曲)
・写真帖『仕事中』(40頁)
・マキシシングルCD『赤の同盟』(全3曲)

【通常盤】価格:3300円(税込)
・CDのみ

=収録曲=
1. 孔雀
2. 毒味
3. 紫電
4. 命の帳
5. 黄金比
6. 青のID
7. 闇なる白
8. 赤の同盟
9. 銀河民
10. 獣の理
11. 緑酒
12. 薬漬
13. 一服

初回生産限定盤バンドルCD・マキシシングル『赤の同盟』
=収録曲=
1. 赤の同盟
2. 名実共に
3. 玉座の罠

アルバム『音楽』特設サイト:https://tokyojihen.com/music/