今季2勝目を挙げた日本ハム・池田を解説陣も絶賛 (C) Kyodo News

◆ 開幕前のトレード加入から救世主に!

 日本ハムが今季の対ロッテ6試合目で初勝利。

 前日のサヨナラ負けを引きずることなく、3-1で接戦をモノにした。




 この日は主砲・中田翔がスタメンを外れ、西川遥輝・近藤健介・淺間大基というクリーンナップに。

 さらには大田泰示が1番に入り、新助っ人のロニー・ロドリゲスが昇格即「6番・三塁」でスタメン出場するなど、大幅にラインナップを変更した。

 そしてその“スタメン改革”の効果は、いきなり現れる。



 トップで打席に入った大田は、ロッテ先発・岩下大輝の2球目、やや内高めに入った速球をフルスイング。

 思い切り引っ張った打球は切れることなくポールを巻いてスタンドへ。

 1番起用にいきなり応える今季第2号の先頭打者アーチで、先発の池田隆英に先制点をプレゼントした。


 その池田は初回、二死から中村奨吾に安打を許すと、安田尚憲に二塁打を浴びて失点。

 嫌な形で同点に追いつかれてしまったが、直後の2回表に一死一塁から女房役の石川亮が値千金の適時打。2-1と再びリードをもらうと、以降は気を引き締め直して力投を見せる。


 6回には味方が犠飛で1点を加え、3-1とリードを拡大。とはいえ2点差での終盤戦、気は抜けないシーンが続く中、6回裏は一死から中村を四球で出した後、牽制球を一塁手が捕球し損ねる形となって一死二塁に。

 ピンチで初回に適時打を浴びた安田との対戦になったが、池田はこの場面も慎重に外・低めに投げ抜き、最後は空振り三振をゲット。つづくブランドン・レアードも三ゴロに仕留めてピンチを脱出。

 池田は7回も続投し、二死から安打を許しながらもゼロ。この日は7回・113球の力投、被安打6に与四球はひとつも、7奪三振で1失点。

 8回は今季初登板となったブライアン・ロドリゲスから、前日にサヨナラ弾を浴びた杉浦稔大へと繋ぎ、リベンジの1回・2奪三振締め。最後までリードを守り抜き、日本ハムが今季ロッテ戦6試合目にして初勝利。

 先発の池田は今季2勝目を挙げ、楽天時代の2018年を超える「シーズン2勝目」をゲット。新天地で開花の気配を漂わせている。


 この試合のポイントについて、22日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の笘篠賢治氏は、「池田隆英vs.好調ロッテ打線」を挙げ、今季2勝目を挙げた右腕の力投を讃えた。

 好調打線を抑えるにあたり、キーポイントは「1・2番を出塁させないこと」と笘篠氏。打線を引っ張る荻野貴司とマーティンをキーマンに挙げつつ、「この絶好調の1・2番を完全に封じ込めましたよね」とコメント。

 好投の要因については、「とにかく低めを丁寧に丁寧に突いた。ヒーローインタビューでも『間違いのないように』と言っていましたが、今日は終始投げきることができましたね」と、徹底された低めへの意識が、この日の勝利を呼び込んだと分析する。


 また、同じく解説を務めた斎藤雅樹氏は、投手目線でZOZOマリンならではの“風”というファクターにも注目。

 「風の話もありましたけど、それを考えながらの低めの投球だったかなと。そこに投げきれるというのがすごいですよね」と、相手チーム、相手打者以外の“戦うべき相手”の存在も指摘。

 「(風は)一番嫌でした。雨よりも嫌ですね」と自身の経験も交えながら、決してかんたんではないコンディションの中で好調打線を封じ込めた池田の快投を讃えた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』