宇垣美里「朝起きて会社に来る。それだけで仕事の半分終わり!」麒麟・川島に“朝の生放送”の心の持ち方を指南
お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。3月27日(土)放送のお客様は、フリーアナウンサー・宇垣美里さん。

ここでは、朝の帯番組「ラヴィット!」(TBS系)を担当する川島が、TBSアナウンサー時代に朝番組を経験している宇垣さんに“気をつけるべきポイント”を相談しました。


TOKYO FMの番組「土曜日のエウレカ」3月27日(土)放送ゲスト:宇垣美里さん



◆「4時間寝たらどうにかなる!」
川島:(TBS時代に)生放送の朝の番組もやられていたじゃないですか?

宇垣:やっていましたね。

川島:私も個人的な話ですが、朝の帯で(MCを)やらせていただくことになりまして。

宇垣:そうですよね! おめでとうございます。

川島:しかもTBSですよ。まったくそういう経験がないもので……どういったことを大事に、そして何に気をつけてやられていたのかっていうのを、すごく聞きたいんですけれども。

宇垣:当時、一緒に働いているみんなと常々言っていたことは、“朝起きて会社に来る。それだけでどれだけ偉いだろう。それで仕事の半分は終わりました”と。もちろん、台本を読んだりニュースを読んだりとかはあるけども、ここに辿り着くまでの大変さに比べれば何てことはない! 辿り着かなかったら大変ですからね。

川島:大惨事ですもんね。

宇垣:次の人が見つからないから、絶対に朝起きて来なきゃいけない。それが大事です。

川島:何時に寝ていました?

宇垣:本当は夜9時ぐらいに寝たら良いんですけど、でも夜に仕事があることもあったので。なので、日によってまちまちでしたし、その経験で分かったことは“4時間寝たらどうにかなる!”っていうことですね。

川島:はぁ~! アニメ・漫画とかのサブカルもお好きじゃないですか? そういったものは、どういった時間に観ていたのですか?

宇垣:大体多かったのが、6時とか7時の寝る前の時間。

川島:6時・7時が寝る前になるんだ。

宇垣:はい。それぐらいの時間に見て、寝る。という感じでしたかね。ただ、(朝の生放送をしていたときは)人と会わないから、その結果、自分の時間がたくさん生まれるので、その時間に見るということはできたかなと思います。

川島:生放送中、眠気は大丈夫でしたか? 疲れも溜まってきて。

宇垣:眠気というよりは“目”ですね。目が疲れきっていると、前のモニターが見えないとか、カンペが見えないっていうことはあったかなと思います。

川島:うわぁ~。

宇垣:あと、ニュースのあいだにVTRが流れて“このVTRが終わったらまた原稿を読む”というときに、私は目が悪いので、前のめりになってVTRを見ていたら、いきなりパンと(スタジオに)映像が切り替わって“私の顔だ”みたいな(笑)。

川島:いきなり自分の顔面のドアップに(笑)。

宇垣:“あら?”みたいな(笑)。でも、そしらぬ顔をして、スッと座り直して読む、みたいな。

川島:(笑)。それがだからプロですよね。

宇垣:大変でしたね(笑)。

川島:だから“起きたらいい”という。

宇垣:そうですね。まず起きていただいて。

川島:テレビ局に行ったら、もう(仕事の)半分は終わったと。

宇垣:終わっております! あとは、アナウンサー陣もいると思いますので。

川島:もちろんです。

宇垣:TBSのアナウンサーはみんなすごくしっかりした方々なので、本当に頼りにしていただければと思います。

川島:すごく今、心が楽になりました。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(Spotify/AuDee )も、ぜひチェックしてください!

次回4月24日(土)のお客様は、ハリセンボン・近藤春菜さんです。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/