DeNAの三浦監督

◆ まさかの決勝点を献上…

 9回表二死。もう負けはないだろう…ハマスタ全体がそう思った数分後、思わぬ悪夢がベイスターズを襲った。

 9回のマウンドには開幕戦以来失点のない守護神・三嶋一輝。簡単に二死とした後、平田良介にヒットを許し、代走に高松渡が送られた。

 三嶋は得意の牽制でランナーの逆を付き、微妙なタイミングながら判定はセーフ。場内に映し出されたリプレー映像には決定的な場面は映らず、判定はセーフのまま。再開した初球に高松が走ると、木下拓哉のセンターへ抜けそうな打球にショートの柴田竜拓が飛びつきファーストへ。これが難しいバウンドとなりファーストのソトが取れず、そのボールが打者走者に当たってライト方向に転がり、ライト・蝦名達夫のバックホームも及ばず、決勝点となってしまった。

 この日は先発の濱口遥大が今シーズン4度失点を喫している初回を苦しみながら無失点で切り抜けると、バタバタしながらも6回まで気合いのピッチングで零封し、砂田毅樹、山﨑康晃は7試合連続無失点を続けるパーフェクトピッチング。三嶋も決して悪い内容ではなく、湿っている打線をフォローすべく踏ん張ったが、結果には結びつかなかった。


◆ 深刻な打線とツキのなさ

 試合後、三浦監督は9回の柴田のプレーに「何とかしようとしたプレー。ボールは逸れましたけど、仕方ないと思います」と、ギリギリのプレーを評価した。

 この3連戦で奪った得点はわずか「1」。この10連敗中に3点以上奪えていない打線については、「外国人は絶好調ではなく、(状態を)上げているところ。全体的には疲れてきているのかなと思います」と分析。今日は牧秀悟を7番に下げ、2番に柴田を入れるなどテコ入れを図ったが結果には繋がらず、「全体的に打線が落ちている。何とかしないといけないんですけど…」と苦悩していた。

 ついに2桁連敗に突入し、「みんな色々やっているが、思うようにいかない」と、苦しい胸の内を明かしたが、「下を向かずに、明日も試合がありますんで、それに向かってやって行くだけです」と、気を取り直した。

 何をしても勝利の女神がそっぽを向き続けている現在のDeNA。明日からは今季初となる甲子園とマツダへの遠征となる。西の空気が、嫌な流れを一掃してくれることを、願うばかりだ。


取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)