春は詐欺注意シーズン? トビラシステムズが注意喚起【ミニ舌評】

デスク「4月から新年度が始まったことを受け、迷惑電話を遮断するブロックシステムを開発するトビラシステムズ(明田篤社長)が注意喚起を行っているね」

記者「ええ。4月は新入学や新たな職場環境が始まるシーズンですが、転居や転職など、新生活を始める人が気を付けたいのが特殊詐欺です。様々な業者を騙る人たちからの迷惑電話が増えたり、宅配業者を騙るフィッシングSMSも流行しているそうです」

「昨年(2020年)の特殊詐欺の被害額は約277億円と、今も被害者は後を絶たないからね」

記者「被害者で65歳以上の高齢者が占める割合は全体の85・7%、そのうち77%が女性です。ただ、若者でも『未払いの料金がある』などと言って、実際には使用していない料金を支払わせようとする架空料金請求詐欺の被害が増加。特殊詐欺にあった人の95・2%が『自分は被害にあわない』と思っていたそうで、老若男女問わず『自分は大丈夫』などと考えず、十分な注意が必要です」