『NARUTO』VRアトラクションが富士急ハイランドに!

富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)にある「NARUTO×BORUTO 富士 木ノ葉隠れの里」では、2021年4月29日(木祝)に、大人気忍者アニメ『NARUTO-ナルト-』の世界観を楽しめるライド型VRアトラクション「幻影劇場」をオープンする。

『NARUTO×BORUTO 富士 木ノ葉隠れの里』は、2019年7月、富士急ハイランド内にオープン。3Dシューティングライド「科学忍具道場」を中心に、『NARUTO-ナルト- 疾風伝』の世界観に浸れるミュージアム、クリアするとオリジナルグッズが手に入るアーケードゲーム、作中に登場する「一楽」をモチーフにしたラーメン店などが軒を連ねている。

この度オープンするアトラクションは、原作ファンに人気が高い ”終末の谷” でのナルトとサスケのバトルシーンを完全再現した大迫力のVR映像を、4K解像度のVRゴーグルと風や振動が感じられるMX4D(R)シートで楽しむライド型アトラクション。上下左右360度広がる臨場感たっぷりの映像と、映像や音楽に連動して縦横無尽に動く座席により、まるで自分自身が ”幻術”(相手に幻を見せる忍術)にかかり『NARUTO-ナルト-』の世界に入り込んでしまったかのような没入感を味わうことができる。

なお、本VR映像は上海「NARUTO WORLD」の人気アトラクション「バーチャル・イリュージョン」で上映されているもので、日本で楽しめるのは富士急ハイランドだけとなっている。

また、同日4月29日(木祝)より、定番から個性派まで味わえる焼鳥専門店「焼鳥Q」も里内にオープン。長さ約20cmとビッグサイズの焼鳥串は、甘辛風味がたまらない王道のタレ味をはじめ、チーズ串や激辛串、ボリューム満点のBBQ串など充実のラインナップ。1会計につき1000円以上購入すると、ナルトやボルトなどメインキャラクター達がデザインされたオリジナル缶バッジ(数量限定)がプレゼントされる。

さらに、里内の「ラーメン一楽」では、施設の公式Twitterアカウントをフォローし、今一押しの新メニュー「トマトチーズラーメン」を注文した方に、チャーシュー1枚増量とナルト・サスケ・サクラ・カカシの第七班メンバーのうちランダムで1枚ホログラムステッカーをプレゼントするキャンペーンも5月31日(月)まで開催中。「ラーメン一楽」が提案する新たな味をぜひ堪能しよう!

この春は、新アトラクションやグルメの登場で盛り上がる「NARUTO×BORUTO 富士 木ノ葉隠れの里」に注目だ!

>>>アトラクションイメージや新メニューなどを見る(写真9点)

(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ