日用品EC「LOHACO」、リニューアル 暮らしの変化に柔軟に応えるサイトに進化

アスクルはこのほど、一般消費者向けインターネット通販サービス「LOHACO(ロハコ)」において、6月22日にサイトのリニューアルを実施すると発表した。暮らしの変化に柔軟に応えるECサイトとして進化を図る。

「LOHACO」は2012年10月、家事や育児、仕事に多忙な女性の”くらしをかるくしたい”という想いで開始したという日用品ECサイト。働く女性の日常がラクに楽しくなるよう独自価値商品の品揃えを強化するなど、他と一線を画したショッピングサイトとして展開。2020年10月時点で累計600万人を超えるユーザーが利用している。

コロナ禍では、新しい生活様式に伴う巣ごもり消費の促進、家事負担の増加などの変化から、食品や日用品などの普段の買い物をECにシフトする傾向が見られ、今後はECにおいて暮らしの必需品からおうちで過ごす時間を楽しむアイテムまでを網羅する、ワンストップショッピングが一層求められている。こうしたニーズを受け「LOHACO」は、普段の買い物をさらにおトクに、より便利にするため生まれ変わるべくリニューアルを図る。

今後、現サイトでの買い物が可能なのは6月21日までで、6月22日午前0時に新サイトへとリニューアルオープンする。その後7月1日からは、おトクが目白押しのリニューアル記念セールが開催予定となっている。

サイトのリニューアル時には、メルマガ「LOHACO通信」への登録、5月31日までに旧サイトで登録した「お気に入り」商品、5月31日までに現サイトで投稿した「レビュー」のデータが引き継がれる。一方、買い物かごの情報は引き継がれないため、現在「あとで買う」に登録している商品については、6月21日までの買い物完了を促している。購入履歴については、新サイトから過去の購入履歴に遷移し、閲覧することができる。また、サイトリニューアルに伴い、「LOHACOアプリ」も刷新する予定となっており、新アプリの配布時には新たにダウンロードが必要となる。

「LOHACO」はこれからもエシカルeコマースを目指し、家事や仕事に忙しい中での買い物がよりおトクかつ便利に楽しめるよう、暮らしに寄り添った価値ある商品やサービスを進化させていくとしている。