ジュピターショップチャンネル、C Channelと提携 ライブ動画で販売するショッピングライブ事業開始

ジュピターショップチャンネルとC Channelは4月16日、業務提携契約を締結した。両社の強みを生かし、ライブ動画で商品を販売するショッピングライブ事業を共同でスタートする。

ジュピターショップチャンネルは、1996年の創業以来テレビを中心としたダイレクトマーケティング事業を展開。生放送で商品を販売することを通じて蓄積してきたデータやノウハウが最大の強みとなっている。一方、ネット用コンテンツをテレビやスマホで視聴する傾向の加速や、消費者のニーズの多様化など、事業環境の変化を受け、既存事業の更なる強化と同時に新しい事業領域への進出も重要な経営課題となっている。SNSを中心に国内最大規模で顧客との接点を持つC Channelとの業務提携により、新たな客層へのショッピング体験の提供を実現し、将来成長を担う事業へ育成することを目指すとしている。

C Channelは、2015年に動画メディア「C CHANNEL」を主軸事業とし設立。「C CHANNEL」は、消費意欲が高く、トレンドに敏感な女性をメインユーザーとし国内最大級のフォロワー数を有するまでに成長した。近年では、ママ向け動画メディア「mamatas」も開始。働きながら子育てを楽しむ女性に向けたコンテンツを配信し、SNSファン数は延べ100万人を超える。その他にも、働くキャリア女性向けメディア「newme」など、幅広い女性向けメディア展開をしている。また、専属YouTuberやナノインフルエンサーのプラットフォーム「Lemon Square」といったインフルエンサーマーケティング、グループ会社によるD2Cアパレル事業としてオリジナルブランドやライブコマースの展開も行っている。

今回、テレビ通販のノウハウを多く持つジュピターショップチャンネルと、メディア運営に強みを持つC Channelが業務提携することで、今後、企業の利用意向がさらに高まると予想される「ライブコマース」において、成功事例を作ることが可能になるとの考えを示し、企業の販促プロモーション効果の最大化の実現を目指す。


業務提携のイメージ

具体的には、ジュピターショップチャンネルのテレビ通販ノウハウを活用したSNS向けライブ通販動画をC Channelが運営する動画メディア内で配信。2021年4月末にはテスト販売を開始する。Channelのインフルエンサーネットワークとジュピターショップチャンネルの商品調達・番組制作力を掛け合わせたビジネスシナジーを生み出すとしている。