Perfume西脇家と家族旅行、西野七瀬と海外旅行…ハリセンボン・近藤春菜の仰天交友エピソード
乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。4月19日(月)の放送では、ゲストにハリセンボンの近藤春菜さんを迎え、お届けしました。


近藤春菜さん(右)とパーソナリティの山崎怜奈



4月からスタートした深夜番組「通販だけ生活」(テレビ朝日)で共演している2人。近藤さんと言えば、交友関係が広いことでも有名です。例えばPerfumeの“あ~ちゃん”こと西脇綾香さんや、その妹“ちゃあぽん”こと西脇彩華さんと大の仲良しで、なんと西脇家の家族旅行に近藤さんが1人混じって一緒に行ったこともあると言います。

どうしたらそこまで関係が深められるのか、れなちが不思議そうにしていましたが、近藤さんは「懐に入るのが上手いのかな?」と自身もいまいちよくわかっていない様子。ただ、仲がよくなる友達は、初対面でなんとなくわかるそうで、「あ~ちゃんと初めて会ったときも、その後すぐに週3~4ぐらいで遊んでいた」と振り返ります。

また、れなちには忘れることのできない、近藤さんの驚愕エピソードがあると言います。それは先輩でもある元・乃木坂46の西野七瀬さんとの逸話。近藤さんは、まだそこまで関係性が築けていないにも関わらず、西野さんを海外旅行へと誘い、一緒に行ったそうで「そのフットワークの軽さとコミュニケーションはどんな仕組み!?」と、とにかくビックリ。

当時、年末の食事会に同席した2人は、そのときに初めて話をしたそうですが、年末年始の予定の話題になった際、近藤さんと西野さんだけが予定が決まっていなかったそう。その後、海外旅行に行きたいものの誰ともスケジュールが合わなかった近藤さんは、西野さんのことを思い出し、「バカなフリして、断られると思って(西野さんを)誘ったら、『行きたいです!』って言われて、逆にこっちが驚いた」と、そのときのやり取りを明かしつつ、「距離を詰めたい相手には、バカなフリして誘ってみるのはアリ」と断言。

近藤さんは「人から誘われても生理的に苦手な人じゃない限り、嫌な気持ちはしない」が持論だそうで、「好きなら好き、誘いたいなら誘うべき。人生そんなにウジウジしてどうする!」と声を大にし、アイドル界の常套句「推しは推せるときに推せ」ならぬ「友達は誘えるときに誘え」と提言。そして、れなちのことも「(コロナが)落ち着いたらご飯に行こう!」とその場で誘います。

そんな近藤さんに初対面が苦手な人に向けて、コミュニケーションを円滑にするアドバイスを聞いてみると、大切なのは「自分から心を開くこと」。「何者かわからない人に急に話しかけられても警戒するし、まずはこちらが心を開いて、自分の話もするべき」と言い、そこでなにか引っかかるものがあったら、「そこから徐々に距離を詰めていくのがいい」とアドバイス。

また、れなちは交友関係の広い近藤さんに、自分に合いそうな人を聞いてみると、返ってきた答えは、なんと近藤さんの相方・箕輪はるかさん。彼女はとにかく面白い生き物で、「私の人生のなかでほかに会ったことがない、はるかははるかでしかない、独特」と解説。さらには重機マニアなど、偏ってはいるものの知識が豊富だそう。

歴史やラジオなど、1つのものに深くのめり込むタイプのれなちと話がよく合うと思ったようで、「ぜひ会ってほしい、いつか紹介しますね」と近藤さん。ただ、「はるかが人見知りで緊張したらごめんなさい。2人だけにして大丈夫かな……」と不安をこぼすと、ハリセンボンの2人と仲良くなれることは喜びつつ、「それはちょっと困るかもしれない……(苦笑)」と焦るれなちでした。

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/