マツコ・デラックス、咲良

4月20日に放送される『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)は、「瓶詰グルメの世界」と「再現ふりかけの世界」を取り上げる。

同番組は、マツコ・デラックスも“知らない世界”をその道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ。

全国各地で販売されている瓶詰グルメは3000種類以上あると言われ、その実数は定かではない。今回は12年間、毎日瓶詰グルメを欠かさず食べ続けているというミュージカル女優の咲良が「瓶詰グルメの世界」をマツコに語る。

そもそも咲良が瓶詰グルメにハマったのは宝塚音楽学校での寮生活。厳しい寮生活で、外食もほとんどできず“瓶詰の鮭フレーク”でご飯を食べることが心の支えだったという。そんな咲良が、今まで食べて来た瓶詰グルメは500種類以上。全国各地の瓶詰を「漬け系」「コッテリ・ガッツリ系」「酒のつまみ系」などに分類。味だけでなく香りや見た目の質感まで楽しめる瓶詰グルメを選りすぐって紹介してもらう。

北の高級素材をひと瓶に詰め込んだモノや、東京の名店が味わえるモノ、さらには九州の名産をギュッと凝縮したモノなど、そのままでも旨い瓶詰や、混ぜたら更に旨くなる瓶詰がマツコの食欲を掻き立てる。さらに、あの瓶詰グルメの老舗メーカーも特集。そして入手困難な幻の瓶詰がスタジオに登場し、極上の逸品をマツコが味わう。

この他「国際ふりかけ協議会」代表理事の松江慎太郎さんが、「かつ丼」「じゃがバター」「塩さば」味など、一味違う「再現ふりかけの世界」を紹介する。

なお前回の放送には、さかなクンが6年ぶりに出演し「春に美味しいお魚の世界」を紹介した。