巨人の中川皓太 (C) Kyodo News

◆ ふたりで一死と考えられれば

 破竹の6連勝で首位・阪神を猛追する巨人は18日、3タテを目指して横浜スタジアムでDeNAと対戦。少ないチャンスを生かして6回までに2点のリードを奪っていたが、ソトのソロで1点差に迫られた直後の8回、巨人の4番手・中川皓太が追いつかれて7連勝とはならなかった。

 1点差で迎えた8回、マウンドに上がった中川は、この回の先頭打者・嶺井博希に死球を与えると、桑原将志の犠打で得点圏に走者を二塁に進められ、続く宮﨑敏郎の一ゴロで三進。二死三塁で迎えたタイラー・オースティンには、3ボール2ストライクのフルカウントから投じたボールがやや甘く入り、強烈な打球が三塁線を襲った。

 このボールは岡本が止めたものの、ボールを捕球しきれず、結果は三塁内野安打となり、試合は振り出しに。結局、2−2のままスコアは動かずに引き分けという結果に終わった。

 18日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』でDeNAが同点とした場面を振り返った高木豊さんは「二死三塁でオースティン、次は佐野。中川が左ということを考えると、おそらくオースティンと佐野で一死と考えていたと思う。ちょっとオースティンにまともにいきすぎましたね。もう少し厳しい球でいけなかったかなとも思いました」と振り返り、左打者である佐野恵太との対戦見据えた攻めを見せてもよかったのではないかと主張した。

 また、この日は守備でも機敏な動きを見せていた岡本和真がボールをうまく処理しきれなかった場面についても言及。高木さんは「岡本が珍しく硬くなっていた。止めに行くのはわかるけど、アウトを取れないと1点になる。その辺りもジャイアンツはちょっともったいなかった」と指摘し、ボールの処理を慎重にいきすぎたとの見方も示した。

 巨人は7連勝を逃したものの、2カード連続で無敗での勝ち越しを達成。20日からは東京ドームで首位・阪神との3連戦を迎えるだけに、より一層、隙のない野球が求められることになりそうだ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』