弘中綾香、若林正恭

若林正恭(オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務める『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)が、4月19日に放送される。この日は、“1日で304件もの飛び込み営業をした伝説の営業マン”と“ナンパされて困っている女性を救おうとしたら変な助け方をしてしまい、大失敗するも最終的にナンパレスキューの極意を身につけた人”が登場する。

同番組は、あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていくトークバラエティ。この日はゲストの客員研究員として、山本舞香と向井慧(パンサー)が出演する。

1人目の激レアさんは、“1日で304件もの飛び込み営業をした伝説の営業マン”ことオオニシさん。番組ではこれまで、さまざまな超人を紹介してきた。超人シリーズ第9弾として登場するオオニシさんも相当ハードな経験の持ち主といえる。

オオニシさんはかつて、会社の就業時間である朝8時から営業先の企業が閉まる夕方の5時まで、実質わずか9時間で304件の飛び込み営業を成し遂げている。そもそもなぜこんな無茶な営業に挑戦したのか? 当時、オオニシさんは人材派遣や求人情報などを扱う企業に在籍し、新しくできた営業所の所長を任されていた。しかし営業成績は関東で最下位。若手社員に口を酸っぱくして営業マンの心得を説いていたが、この事業所の取引先がある業界に特化していたこともあり、なかなか事態が好転しなかったという。そんなある日、居酒屋で開かれた会社の飲み会で、ついに社員たちにブチ切れしてしまう。自分は営業を行う立場ではなかったが、「やる気がないなら替わりに俺がやる! 見とけ!」と宣言。さらに、メニューのレモンサワーが300円だったことから、1日で300件以上の営業回りをすると言ってしまったのだ。

営業当日、証人として同行させた部下のフルショウさんとともに苦行のような営業回りをしたオオニシさん。次々起こるトラブルをどう解決し、目標を達成したのかを激白。さらにこの経験をオオニシさんが今、どう生かしているのかも紹介する。

2人目の激レアさんは、“ナンパされて困っている女性を救おうとしたら変な助け方をしてしまい、大失敗するも最終的にナンパレスキューの極意を身につけた人”ことクジマガワさん。人一倍正義感が強いというクジマガワさんは、これまで何度かしつこいナンパで困っている女性を助けている。しかしそれは、精神的に“フルボッコ”されながらの体験だったと振り返る。自分自身もメンタルにダメージを負いながら、女性たちを救おうとした末、クジマガワさんが編み出した「ナンパレスキューの極意」を伝える。

ことの始まりは今年の1月。仕事帰りのクジマガワさんが飲み屋街を歩いていると、しつこくナンパされて困っている女性を見つける。そこで「ナンパレスキュー大作戦」を試みるが、これが大失敗に終わる。傷ついた気持ちを誰かになぐさめてもらいたくて、その一部始終をSNSに投稿すると、これまた大批判が殺到する事態に。その後、クジマガワさんは再びしつこくナンパされている女性に遭遇。どう助ければいいか入念にシミュレーションして声をかけるが、またしても散々な目に遭う。

そして、またしても強引なナンパを目撃したクジマガワさんは男たちに勇気を振り絞って声をかけると、何と穏やかにナンパを終わらせることに成功する。クジマガワさんの取った驚きの方法とは?

なお、前回は“20歳下のメンバーとバンドを組んでずっと同年代と思われていたが、還暦をきっかけにみんなにカミングアウトしてめちゃくちゃビックリされた人”と“1回も漫画を描いたことがない素人なのに突然人気少年誌で連載することになった人”が登場した。