「ジョンマスターオーガニック」、ギフト売上が好調 名入れ機能とコンテンツを拡充

ジョンマスターオーガニックグループは4月15日、公式オンラインストアにおいて、商品への名入れなどが可能なパーソナルギフト機能の大幅な拡充を図った。オンラインストアにおけるギフト需要の高まりに応える。

【<画像6点>パーソナライズギフトなどサービスの特徴はこちら】

「ジョンマスターオーガニック公式オンラインストア」では、パーソナライズギフトとして2020年3月より、対象のヘアブラシに好きな文字を彫り、世界に⼀つだけのオリジナルブラシを作成するブラシ刻印「ENGRAVING LAB.(エングレイビングラボ)」を提供。自分用のみならず、「誕生日」や「母の日」などに、贈る相手の名前を刻印したオリジナルギフトとしても多くの人に選ばれているという。

このオリジナルギフトの人気を受け4月15日に、リップカームに名前やメッセージを入れることのできる「MY LIP LAB.(マイリップラボ)」を開始した。「MY LIP LAB.」ではジョンマスターオーガニック人気製品のリップカーム(オリジナルシトラス)にカスタマイズしたラベルを貼り、オリジナルリップカームを作ることができる。


パーソナライズギフト

「ENGRAVING LAB.」の拡充も図り、エコバックへの名入れをスタート。地球環境保全のためのひとつのアクションとして販売しているオリジナルエコバックに、好きな名前やメッセージをプリントすることができる。

ギフトのラッピングにおいて、オプションとしてビターブラウンやリッチゴールドのリボンの追加が可能になった。ジョンマスターオーガニックでは、「NO BEAUTY WASTE(ノービューティウェイスト)」として、「無駄を生み出さない・捨てない」「作る責任・使う責任」を意識したブランド独自の価値観と行動を推奨。その⼀環として、ギフトボックスには古紙素材を採用し、雑貨などの収納ケースとして再利用ができるデザインとなっている。新たなリボンの登場により、より華やかにギフトを彩る。2021年2月には、熨斗とメッセージカードのサービスもスタとしており、お中元やお歳暮、お祝いごとやお礼のご進物など、用途に応じて熨斗掛けを行うことができる。


熨斗掛け、メッセージカード

長引くコロナ禍において、「誕生日」や「母の日」など友人や家族に気持ちを伝えるカジュアルギフトとして、ジョンマスターオーガニックが選ばれているという。手渡しで贈る機会が減っていることもあり、特に公式オンラインストアでの利用が増加。2020年11月、12月のクリスマスシーズンにおける公式オンラインストアのギフト利用は、2019年と比べ5倍以上に拡大したとしている。その需要の高まりにに応え、ギフト関連の機能やコンテンツの大幅拡大に図ったとしている。

ジョンマスターオーガニックは、環境保護のための非営利団体「1% FOR THE PLANET」に参加しており、公式オンラインストアでギフト配送・ラッピングに利用された売上の1%を環境保護活動団体へ寄付することを通じ、自然環境保護への取り組みを支援している。


「ジョンマスターオーガニック」
https://www.johnmasters-select.jp/