木村拓哉「ボーカルはクミンですか?」北村匠海の「カレーは音楽」なる見解に興味津々!
木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。4月のゲストには、俳優、ダンスロックバンド・DISH//のリーダーとしても活躍中の北村匠海さんが登場。4月11日(日)の放送では、北村さんの趣味“カレー作り”について熱く語りました。


◆北村匠海「カレーは音楽」

「カレーとサウナが趣味」と言う北村さんの熱いサウナトークでひとしきり盛り上がった後は、カレーの話題へ。

自宅でスパイスを調合してカレーを作るほどのこだわりがあると言う北村さん。「スパイスもたくさんあります。モロッコで買ったスパイスとか、中国山椒や八角などの中国のスパイスも使ってカレーを作りますね。けっこう楽しいんです。自分は、“カレーは音楽”だと思っています」とキッパリ。

続けて、「細かく分けていくと、本当に(音楽と)一緒で。完成形のカレーが曲だとしたら、スパイスや食材が(ボーカルや)楽器なんです。まず、どれを主役にするのかを決めるんです」と語ります。

この話に木村は、「誰がボーカルになる可能性が高いの? クミンですか?」と尋ねると、北村さんは「まさしくクミンです!」と回答。「その脇にターメリック、カルダモン……」と挙げていると、「ニンニクは?」とさらに質問する木村。

ちなみに、北村さんはカレーにニンニクやショウガも入れるものの、「でも、言わば曲をミックス作業するときのアレンジャーなんです。あそこの調整はけっこう大事」と話します。

また、こだわりはお米にも。バスマティライス、白米、玄米、タイ米など、その時々でブレンドすることもあるそうです。そして、「レコーディングで指示をするディレクターというか、曲のコンセプトを決める指揮官が自分。それらをいかに調理して、バランスや音量(を変更しながら)、“じゃあ、ここはストリングスを入れてみようか”とか……」と音楽に例えて説明を続けると、「ストリングスはなんですか!?」と食いつく木村。

これに北村さんは、「場合によってはサバだったり、魚の出汁だったり」と答えると、木村は「サバっ!!」と声を上げて驚き、「すみません、変な声が出ちゃいました(苦笑)」と平謝り。さらに北村さんは、「そういうストリングスが入ることで、音楽の深みというか、奥行きなどを1人で演出しながら、最終的にいい曲を作るようなところと(カレー作りは)すごく一致しているんです」と熱弁しました。

次回4月18日(日)の放送も、引き続き北村さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/