菅田将暉、有村架純、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音が出演する土曜ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)が、4月17日にスタートする。

同ドラマは、「あの頃」に思い描いていた「大人の自分」とはまるでかけ離れた「大失敗」な人生を歩んでしまった20代後半の若者たちが、その「失敗」をしたからこそ出会う人や出来事によって、まるで思い描きもしなかった未知の「幸せ」と巡り合う現代の5人の若者の生き様を描いた群像物語。菅田、神木、仲野が演じるのは、売れないお笑い芸人のトリオ「マクベス」の高岩春斗(菅田)、朝吹瞬太(神木)、美濃輪潤平 (仲野)。3人がネタ作りにいつも集うファミレスのウェイトレス・中浜里穂子を有村、里穂子の妹・つむぎを古川が演じる。

<第1話あらすじ>
売れないお笑いトリオ「マクベス」でツッコミを担当する春斗(菅田)は、結成10年を前に、ある決断を迫られていた。

一方、1年半前に訳あって会社を辞めた里穂子(有村)は、今では妹のつぐみ(古川)と同居しながらファミレスでウェイトレスをしているフリーター。常連客のマクベスの3人、春斗・瞬太(神木)・潤平(仲野)がネタ作りに励む姿を見るうちに、隠れファンとして活動を追うようになっていた。

しかしその日、初めてマクベスのライブを訪れた里穂子を待っていたのは、トリオ解散という重大発表! 呆然と帰路についた里穂子は、突然春斗から声をかけられて……。

失敗が許されない世の中で、“大失敗”の人生を送る若者たち。この出会いが、彼らの人生に灯る新たな希望の始まりだった。