May J.がYouTubeチャンネルを開設、自身のWikipediaの誤情報に笑顔でツッコミ【写真&動画】

May J.が公式YouTubeチャンネル「May J.のはしもっちゃんねる」を開設し、4月16日(金)17時に初回動画を配信した。

【写真】普段のクールな印象とは違い素の笑顔をみせるMay J. 撮影オフショット

2006年ミニアルバム『ALL MY GIRLS』でメジャーデビューし、2014年公開のディズニー映画『アナと雪の女王』では日本版主題歌を担当。同年には紅白歌合戦に出場し、現在は数多くのテレビやラジオ番組に出演し マルチに活躍の幅を広げるMay J.。公式YouTubeチャンネルでは、「“M ay J.”では出来ないことを始めたい」という本人の意向から、クールな印象を受ける歌手としての姿だけでは無く、1人の女性「橋本芽生(はしもと めい)」として、自身の新たな魅力を発信できるコンテンツを配信予定だという。

4月16日(金)に配信した「【開設ご挨拶!】はしもっちゃんがWikipediaにモノ申す!?」では、「普通の自己紹介ではおもしろくない」とスタッフに指摘されたMay J.が自身のWikipediaを見ながら、そこに掲載された情報が嘘か本当か“答え合わせ”をしながら自己紹介する。

さっそくWikipediaに使用されているプロフィール写真に「これさ、誰が選んだんだろう」 「選んだ人、コメントください!」と呼びかけ、芸名の由来や話せる言語など、自身のルーツを徹底解説していく。

中には「これは完全な間違いです!」「どうしてこんな嘘が生まれたんだろう」と思わず笑いながらツッコミを入れるなど、普段のクールな姿とは異なり、テンション高く、コミカルな一面も見せる。

また、過去にバラエティ番組のカラオケ対決で連勝を重ねていたMay J.が初めて負けた際のエピソードも披露し、「結構限界だった」と大きな プレッシャーを抱えていた当時の心境を告白する場面も…。

さらに父親の職業や、高校時代の1年先輩であった 青山テルマとの心温まるエピソードなど、コロコロと表情を変えながら動画撮影を楽しむ姿は注目だ。



【あわせて読む】寺本莉緒、「水着になることに抵抗はなかった」ブレイクきっかけのグラビア