ECメディア「北欧、暮らしの道具店」、越境ECを強化 「Buyee Connect」を導入

クラシコムは4月13日、ECメディア「北欧、暮らしの道具店」において海外向け専用カートを簡単に設置できる「Buyee Connect」を導入し、越境ECの販売体制を強化した。海外から「北欧、暮らしの道具店」にアクセスしたユーザーに専用カートを提供し、海外向け決済や多様な言語で購入できる環境を整えている。

「北欧、暮らしの道具店」では近年、海外ユーザーの利用や海外からのアクセスが増加しており、「北欧、暮らしの道具店」の優れたUIや世界観のまま、海外のユーザーにショッピングを楽しんでもらうため、「BuyeeConnect」の導入に至ったという。

BEENOSグループのtensoが提供する「Buyee Connect」は、タグ設置のみで自社ECサイト上に海外専用カートを簡易に開設できるサービスで、従来の「Buyee」より手軽に海外対応が可能になる。本連携では、海外の利用者がサイトにアクセスした際に、サイト上に海外専用カートを表示。商品選定後、海外専用カートで注文へ進むボタンを押し、「Buyee」上で決済手続きをすることにより、利用者は決済手続きに関する説明言語を日本語・英語・中国語(繁体・簡体)・インドネシア語・タイ語・韓国語・スペイン語・ドイツ語・ロシア語から選択することができる。

さらに海外では主流のPayPal、Alipay、銀聯クレジットカードといった決済方法も利用することができる。加えて「Buyee」が、海外発送手続きや多言語で顧客お問合せサポートなどを行う。これにより海外の利用者は、日本のECサイト上で商品を選定できるようになる。日本のECサイト事業者は、商品登録の手間を軽減し、より簡易に海外対応を実現することができるとしている。


「北欧、暮らしの道具店」
https://hokuohkurashi.com/