その特異なキャラをクロちゃんも絶賛、大人アイドルpredia・まえだゆうに聞くアイドルルーツ

妖艶な色香を振り撒く“大人アイドル”prediaのメンバー・まえだゆうが、ひそかに注目を集めている。保育園で働きながらアイドル活動を続けるという異色の経歴もさることながら、他に類を見ない独特の言語センスや忍者愛を炸裂させる特異なキャラは唯一無二。アイドル通で知られる安田大サーカス・クロちゃんも「引き込まれざるをえない」と大プッシュを続けている。インタビュー後編となる今回は、生い立ちから現在に至るまでの経緯や強烈なpredia愛を洗いざらい語ってもらった。

【写真】インタビュー中、くるくると変わる表情もキュートなまえだゆう【8点】

※独特な言葉遣いの秘密は前編<クロちゃんも恐れるNEO天然アイドル・まえだゆうの魅力に迫る>をご覧ください。

     *     *     *

──短大卒業を機に上京したまえださんですが、いきなりprediaに入ったのではなく、しばらく他の活動をされていたんですよね。

まえだ そうですね。しかし主にモデルをやっていて、今の事務所(プラチナムプロダクション)に移るタイミングでレースクイーンやイメージガールも始めたんです。とはいってもレースクイーンは途中参戦みたいなかたちだったから、3~4ヵ月くらいしかやっていないんですけどね。それで気がついたらprediaになっていたんですよ。

──気がついたら? さすがに端折りすぎじゃないですか?

まえだ いや、ホントそんな感じだったんです。しかし事務所の人から「歌ったり踊ったりはどうなの?」みたいに聞かれたら、「好きですよ」って軽い感じで答えたらメンバーに決まっていたという(笑)。「グループ活動とか興味ある?」って言われたので、最初は新しいグループを作るのかと思っていました。

──たしかにprediaもPASSPO☆の姉妹グループとして始まったし、プラチナムから第3のアイドルが誕生してもおかしくはない状況でしたよね。

まえだ そうそう。ちゃんころぴー(※自分のこと。詳しくは前編参照)もプラチナムに来て間もなかったから、まだ右も左もわからない感じでした。しかしprediaに入れることは、めちゃくちゃラッキーだと思いました。「こんな話があっていいの?」って。

──もともとアイドルに憧れがあったんですか?

まえだ これを言うと世代がバレちゃうかもしれないですけど、まぁ隠していないから別にいいのですが(笑)、生まれてすぐに森高千里さんがすごく好きになったんですよ。『ロックン・オムレツ』とかの時代です。小学校に入る頃には安室奈美恵さんフィーバーがやってきまして。それと同時にモーニング娘。さんも最高に好きでした。だからしかし小学校時代は安室さんとモーニング娘。さんとローズ選手が崇拝の対象でしたね。

──保育士の道を目指しつつも、歌とダンスが大好きだったわけですね。

まえだ それは間違いないです。とにかく『ASAYAN』(テレビ東京系)が大好きだったから、影響されて友達と2人組ユニットを結成したんです。そこでオリジナル曲も作りました。「寄り道したらいけません」みたいな内容だったんですけど(笑)。

──predia以前も実はアイドルグループに在籍していたと(笑)。ちなみにユニット名は?

まえだ 「まうたん」です。メンバーは「まったん」と「うったん」で、私がうったん担当でした。主な活動内容は、寄り道している子を見つけたら歌いに行くというもの。まったんの家にあった車の中で作詞していましたね。「車のカギ貸して~」とか言って、後部座席でノートに2人で歌詞を書いて。他人に見られるのが恥ずかしかったので(笑)。まうたん活動は小6くらいまでやっていました。

──predia加入が24歳のときだから、12年ぶりくらいのアイドル復帰ということになりますか。最初は驚きや戸惑いもありましたか?

まえだ いや、それがですね、わりとスムーズにグループになじめたんです。たしかにちゃんころぴーも最初は「受け入れてくれるかな?」って心配していたんですよ。それはファンの人からもメンバーからも。

──お姉さんグループだからよかったのかもしれませんね。これが思春期丸出しの10代メンバーとかだったら、やたらと衝突しそうじゃないですか。

まえだ それはあるかもしれない。しかしprediaって本当に居心地がいいグループなんです。メンバーの器が広いし、人間関係で揉めることなんて一切なくて。それに活動内容もメンバー主体でどんどん決めていけることが多いんですよ。やりがいを感じるんですよね。結束力もめちゃくちゃ強いですし。

──まえださん自身もpredia愛が強そうですね。

まえだ すごく強いです。もう家族みたいな存在だから、離れられないんですよ。私の場合はデビューした時点で25歳になろうとしていたから、一般的な女の子アイドルの基準からしたら卒業も意識する年齢じゃないですか。結婚して子供がいてもおかしくないし、ましてや私の場合、25歳は保育士になっているものだと考えていましたから。それでもなおprediaをこうして何年も続けているのは、それだけ魅力があるグループだからなんです。

──ものすごくポジティブな姿勢が伝わってきますが、まえださんってウジウジ悩んだりすることもあるんですか?

まえだ もちろんありますよ~! 怒ることだってあります。しかしメンバーからも言われるんです、「なんでいつもそんなヘラヘラ笑っていられるの?」って(笑)。ちゃんころぴー、バカだからすぐ忘れちゃうんですよね。まぁそれもそれでラッキーなのかな。

──では、今までで最大の悩みは?

まえだ 最大ではないかもですけど、「ちゃんころぴーの本当のキャラってどんな感じなの?」って聞かれることが多いんです。しかしたぶんキャラを作っていると思われているんでしょうね。もちろんちゃんころぴーだってステージのときと違う面はあるかもですけど、普段は無理しているという話でもなくて……。変わり者と言われることもすごく多いんですよ。正直、昔はそれが嫌でしたね。ましてや「わざと変わり者を演じている」とか言われると、なんだかもう面倒くさくなっちゃって(苦笑)。

──将来の夢や目標ってありますか?

まえだ このままprediaファンの人たちと楽しく過ごせたらそれだけでも幸せです。たまに自分でも「もう31歳なのに、こんなアホで大丈夫なのかな?」って思うこともあるんですよ。でも、自分は自分。変えようがないですからね。そんなちゃんころぴーを受け入れてくれるのがprediaメンバーとprediaファンだから、これからも身の丈にあった活動を続けていきたいです。

▽predia presents THE LIVE 2021 vol.2
2021年4月29日(木祝)に渋谷PLEASURE PLEASUREにて昼夜2公演で開催

【あわせて読む】『ゴッドタン』でマヂラブ野田クリスタルも絶賛、小椋梨央が語る芸能界入りのきっかけ