「サクガン」の特番「超発掘祭」の出演キャスト。

オリジナルアニメ「サクガン」の追加キャストとして、細谷佳正の出演が発表された。

2021年秋に放映予定の「サクガン」は、世界中の街が詰め込まれた地下世界・コロニーと、危険なカイジュウが支配するラビリンスを舞台に、天才少女・メメンプーとダメ親父・ガガンバーの父娘バディを描く冒険メカアクションだ。細谷が演じるのは、コロニーを管理する管制局の職員・メローロ。広範な知識を持ち合わせる彼は、上品な身のこなしがガガンバーとは真逆のライバル的存在で、ガガンバーから“ニヤケイケメン野郎”と呼ばれ警戒されている。

細谷からはコメントが到着。作品について細谷は「背景デザインやキービジュアルを見たときに、凝っている印象があったので、数多く放送しているアニメ作品の中でも個性的なものになって行く気がしています」と期待を寄せた。

また「サクガン」の特番「超発掘祭」の生配信が決定。「ニコニコネット超会議2021」併催のイベント「超声優祭2021」内にて、4月24日21時より配信がスタートする。特番にはメローロ役の細谷のほか、メメンプー役の天希かのん、ガガンバー役の東地宏樹が出演し、作品や各キャラクターの魅力を深堀りしていく。

「サクガン」は、アニメの原作を広く募集し制作する企画・Project ANIMAの第1弾作品。カイジュウのコンセプトデザインは河森正治が担当し、キャストには天希らのほか、花澤香菜、豊永利行、緑川光、津田美波が名を連ねている。

細谷佳正(メローロ役)コメント

作中は、会話としてのセリフよりも、状況の説明をしている台詞が大半なので、このキャラクターの素顔を感じる瞬間は個人的には少なかったのですが、それを意図して配置されたのだろうな、と感じました。たまに小気味良い掛け合いをするときがあるので、それがあってよかったと思っています。背景デザインやキービジュアルを見たときに、凝っている印象があったので、数多く放送しているアニメ作品の中でも個性的なものになって行く気がしています。

特番「超発掘祭」

日時:2021年4月24日(土) 21:00~22:30
出演:天希かのん(メメンプー役)、東地宏樹(ガガンバー役)、細谷佳正(メローロ役)
MC:上町裕介(Project ANIMA総合プロデューサー)、松井佐祐里(文化放送アナウンサー)

アニメ「サクガン」

2021年秋放映予定

スタッフ

原案:戌井猫太郎『削岩ラビリンスマーカー』(エブリスタ)
監督・シリーズ構成:和田純一
キャラクター原案:岩原裕二
アニメーションキャラクターデザイン:望月俊平
コンセプトデザイン:幸田和磨
カイジュウ・コンセプトデザイン:河森正治
メカニックデザイン:ブリュネ・スタニスラス(Studio No Border)
カイジュウ・メカニックデザイン:大河広行
プロップデザイン:石本剛啓、森岡賢一
美術設定:坂本竜(ビック・スタジオ)
美術監督:大西穣(ビック・スタジオ)
色彩設計:長谷川美穂(緋和)
撮影監督:志村豪(T2studio)
助監督:三塩天平
編集:松本秀治
3DCGディレクター:後藤浩幸
2Dワークス:中村倫子
音響監督:木村絵理子
音響制作:東北新社
音楽:加藤達也
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:サテライト

キャスト

天希かのん
東地宏樹
花澤香菜
豊永利行
緑川光
津田美波
細谷佳正

(c)「サクガン」製作委員会