ヤクルト・金久保優斗

○ ヤクルト 7 - 3 DeNA ●
<5回戦・神宮>

 ヤクルトが雨中の試合を制し、2連勝でカード勝ち越しを決めた。先発の高卒4年目右腕・金久保優斗は6回途中3安打4四球3失点で嬉しいプロ初勝利。山田哲人の2打席連続ホームランなど、打線も効果的に得点を重ねた。

 金久保は3回に9番・入江大生に与えた四球をキッカケにピンチを招き、3番・牧秀悟に右中間適時二塁打を浴び2失点。それでも、直後の2回裏の攻撃、一死二三塁から4番・村上宗隆の右犠飛で1点を返し、続く塩見泰隆が左翼席中段へ飛び込む2号2ランを放ち逆転。5回には3番・山田哲人が12球粘っての3号2ランでDeNAのドラ1右腕・入江大生をノックアウトした。

 6-2と4点リードの援護をもらった金久保は、6回先頭の牧に右越えソロを浴び3点差に詰め寄られる嫌な展開。一死一塁で代打・オースティンを迎えた場面では、ちょうど100球となったところでこの試合2度目の降雨中断があったものの、再開後も続投し直球勝負で右邪飛に打ち取りお役御免。5回2/3(107球)3失点で降板し、終盤はリリーフ陣がリードを守り抜いた。

 この試合は「2番・捕手」で起用された5年目の古賀優大が2安打1犠打と機能し、クリーンナップが全7打点を挙げる好循環。山田は5回の2ランに加えて7回にも2打席連発となる4号ソロを放ち、3打点3得点の大暴れだった。

 初めてお立ち台に上がった金久保は「中断もあったんですけど、集中力切らさずに投げきりたいと思っていました」と2度の降雨中断を乗り切った投球を振り返り、「先輩たちが点をとってくれたので、僕も抑えなきゃと思って投げていました。初勝利、嬉しい気持ちでいっぱいです」と初々しい表情で喜びを口にした。