日本ハム戦に先発し6回1失点で今季初勝利を挙げた西武・今井 (C)Kyodo News

○ 西武 2 - 1 日本ハム ●
<4回戦・メットライフ>

 西武が日本ハムとの接戦に勝利。先発した今井は計5四死球を与えたものの、6回3安打1失点(自責点0)と粘り今季初勝利を挙げた。

 今井は3回まで無失点と上々のスタート。2点リードの4回に一塁・渡部の捕球ミスで1点を失ったが、5回以降は再びゼロを刻んだ。4つの四球と1死球で計5四死球を記録したが、連続で与える場面はなく6回106球、3安打1失点(自責点0)、7奪三振の力投。今季3戦目で初勝利を挙げ「先発陣で唯一、勝てていなかったのでホッとしました」と安堵の表情を浮かべた。

 選球眼に優れる3番・近藤に対しては、初回の第1打席から2打席連続で四球を与え昨季から6打席連続となる四球を献上。それでも、二死一、二塁のピンチで迎えた5回の第3打席は遊ゴロに退け、「(最後は)カットボールを投げました。森さんのリード通りに投げることができました」と振り返った。

 打線は初回、1番・若林の二塁打などで一死三塁の好機を作り、3番・森が前進守備の二塁後方に落ちる適時打を放ち先制。3回は森が右前打と盗塁で得点圏に進み、5番・呉念庭の中前適時打で2点目を奪った。投手陣は1点リードの7回以降、ギャレット、平良、増田が盤石リレー。今井も含めた4投手で計15三振を奪い、増田はリーグトップを更新する5セーブ目を記録した。