鹿島アントラーズは14日、トップチーム所属選手2名およびトップチームスタッフ1名が新型コロナウイルス感染症PCR検査で陽性判定を受けたことを発表した。

 発表によると、当該選手Aとスタッフは12日に体調不良を訴え、翌13日に実施した新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたという。これに伴い、鹿島は当日のチーム練習を中止したうえで当該選手Aとスタッフを除くトップチーム全選手及びチーム関係者を対象としたPCR検査を実施したところ、当該選手Bの陽性判定が確認された。当該選手A、B、スタッフとも現在、自宅にて静養し、体調回復に努めている。

 なお、当該選手Bを除くトップチーム選手とチーム関係者は陰性判定となり、体調不良や発熱などの症状も確認されていないという。そして、14日に保健所の指導のもと濃厚接触者の特定を進めた結果、該当者なしと判断されたことも発表されている。

 また、当該選手AとBは、11日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節の北海道コンサドーレ札幌戦の遠征に帯同していたため、札幌とは速やかに情報共有を行い、今後も適宜連携していく予定であることを明らかにしている。

 なお、今後のトップチームの活動に関しては、保健所との協議の結果、感染予防策の徹底を図ることで継続可能との判断を受けたことも発表されている。