【枕のパーソナライズ化推進】まくら、新サイトで枕選びAI「PilloBO」やオーダーメイドサービス提供

寝具・睡眠グッズの企画開発・販売を行うまくらは4月12日、枕のパーソナライズ化を推進する新サービスを次々と開始した。枕の診断型オンラインショップ「pillow.jp」を開設し、同サイトに枕選びのAIシステム「PilloBO(ピロボ)」を導入。さらに約10万通りの組み合わせからユーザーに合わせたオーダーメイド枕を届ける「パーソナライズピロー」の提供も開始した。

枕の診断型オンラインショップ「pillow.jp」は、自分に合った枕が見つかるショップとして4月12日にオープンした。運営するまくらは、400種類の枕を取りそろえ、オンライン販売(EC)を行ってきたが、ユーザーがすべての枕を比べることは難しく、どの枕を購入したらいいのか、分かりにくい状態だったという。その経験をもとに、従来の陳列型やカテゴリー分類型のEC販売手法から脱却し、診断型・提案型のオンラインショップ「pillow.jp」を開設することにした。


枕選びのAI「PilloBO」導入
「pillow.jp」では、枕選びのアシスタントとして枕選びのAIシステム「PilloBO(ピロボ)」を導入している。「PilloBO」は、生活スタイルや睡眠サイクル、枕の好みや現在使用している枕など、最大41項目の簡単な質問に答えるだけで、睡眠の状態やピッタリの枕、最適化されたオーダーメイド枕、オリジナルの睡眠クロノタイプなどを自動的に判定できる。100万人以上に枕を提案してきたというまくらの考え方やノウハウ、専門知識のすべてをアルゴリズム化し、注入したシステムだという。



「PilloBO」は回答内容に基づき、人気枕255種類の中から、最も適していると思われる3点を選出する。同時に23万通りの中からその人に最も適していると思われる枕の素材、素材容量、ポケットごとの配分などを自動的に算出し、ユーザーに最適化された「オーダーメイド枕」を提案。


枕診断から最適な枕を提案

他にも睡眠分析やまくら適合度、睡眠クロノタイプ、睡眠相性も同時に判定することができる。今後はユーザーごとの回答パターンや分析結果、購入・返品等の情報を蓄積し、枕選びアルゴリズムを随時更新することで、さらに適切な枕が提案できるよう学習していくとしている。


枕に加え、睡眠の分析・診断サービスも提供

「PilloBO」は今後、楽天市場やYahoo!ショッピングなど、他の直営オンラインショップに導入を進めるほか、枕選びを必要とする外部提携サイトやWebメディアにも提供を開始する予定だ。


オーダーメイド枕の注文受付開始
オンライン上で簡単な質問に答えるだけでユーザーに合わせたオーダーメイド枕をお届けする、「パーソナライズピロー」の注文受付を2021年4月12日(月)より開始した。ユーザーの回答に応じ、7つのポケットごとに、7つの素材、素材の容量を自動で算出。約10万通りの組み合わせから、ユーザーに合った枕をオーダーメイドで作る。



ベースとなる枕本体に7つのポケットがあり、自動的に算出した診断結果に従い、専任の職人がひとつずつ素材を入れて手作りをしている。枕本体の他に、アウターカバーと、診断結果によって高さ調節シートもセットして届けている。パーソナライズピローの販売価格は、1万4800円(税込)となっている。


7つのポケットに専任の職人が素材を入れて手作りしている


「pillow.jp」
https://pillow.jp/