米ポルノ業界、アジア系女優たちが苦悩する「差別」の実態

ポルノ女優になって3年、アジア系アメリカ人のジェイド・クッシュさんは典型的なアジア人の配役を避けてきた。マッサージセラピストの役を演じた時には、監督からブロークン・イングリッシュで話すよう言われたが、断った。監督から「母国語で話してくれ」と言われたときも、「私はシカゴ生まれなのよ」と言い返した。

ある時、自分が出演した作品に一風変わったタイトルがつけられていることに気づき激怒した。作品の名前は『悶絶点心』。こうした経験はアジア系俳優の間では日常茶飯事だ。彼女たちはフェティッシュの対象とされたり、時代遅れの侮蔑的なアジア人のステレオタイプを悪用した役に起用されたりする状況に苦しんでいる。

差別やフェティッシュ化の問題は、ヴィーナス・リュクスさんのようなトランスジェンダーのアジア系俳優の場合、もっと深刻だ。俳優兼プロデューサー兼脚本家兼監督のリュクスさんは、ポルノ業界歴10年以上の大ベテラン。業界のトランス系でも数少ないアジア系アメリカ人俳優として、本人は「ニッチ中のニッチな存在」と言う。「十分なサポートがないから、みんなで集まってアジアンフェティッシュに関する問題を話し合うこともできない。私たちの懸念を声高に叫んで、改善を求めるようなパイプ役の人間もいない」 彼女が言うには、ポルノ業界でアジア系アメリカ人が受けるサポートは「皆無に等しい」そうだ。

とりわけアジア系アメリカ人の描かれ方に関しては、何もポルノ業界に限った話ではない、とトランスジェンダー向けのビデオを制作する会社Grooby Productionsのクリエイティブディレクター、クリステル・ペンさんは言う。「メインストリームの社会がアジア系アメリカ人女性をどう描いてきたかを考えてみてください。いつだって自分たちよりも劣る存在、白人男性に奉仕する女性としてです。私に言わせれば、これは人種と女性蔑視の問題です」。だが一般的に、業界内におけるアジア系アメリカ人女性の「立場はあまり強くない」とペンさん。アジア系アメリカ人男性となればなおさらだ。

アジア系ポルノはアダルトコンテンツの中でもとくに人気のジャンルだ。検索ワードでも「アジア系」「日本人」「中国人」と言ったワードが毎年常に上位25位圏内にランクインしている。たしかに、業界のトップに上り詰めたアジア系俳優も何人かはいる。有名なところで言えば、元ペントハウス誌のモデルのテラ・パトリックさん、ヴィーナス・リュクスさん、作家兼ポルノ俳優のアサ・アキラさんだ。


求められる「現実」と理想のギャップ

だがキャリアをスタートさせたばかりのアジア系俳優に、非ステレオタイプな役柄が提示されるのはごくごく稀だ、とアダルトコンテンツ・クリエイターのサヤ・ソンさんは言う。そうした役をオファーされるのにうんざりしたのもあって、彼女はメインストリームのポルノ界から退いた。「自分を売り込みたかったら、フェティッシュの対象にされるのもよしとしなくちゃいけない」と彼女は言う。「それについて文句を言えば、私のような結末になる――どこからも声がかからなくなってしまうんです」

業界の売れっ子の1人のアキラさんでさえも、駆け出しのころは典型的なアジア人の役をあてがわれたと公にしている。「一辺倒な感じが大嫌いだった。そんな役をやってもセクシーな気分にはなれなかった。一目瞭然だと思うけど」と、彼女は2014年にこう語っている。だが年月を重ねるうちに、彼女は「受け入れる」ようになった。「アジア文化の軽視だという人も大勢いるでしょうね。でも私はアジア文化の讃歌だと思う」と本人。「私の人となりを妄想するのはちっとも悪いことじゃない。あえて言うなら、私のクールな部分を称賛しているんだと思う。男の人は私の作品を見て、笑い者にするわけじゃない。私の作品を見てオカズにしているのよ」

だが他の俳優に言わせれば、とりわけメインストリームのポルノ界では、特定の役柄を演じたり、特定の常套表現に徹したりするよう、強い圧力をかけられることもあるという。ビデオチャット・パフォーマーのジョーイ・キムさんは、「とても従属的で、お客の言いなりになる」設定のオリジナルコンテンツを作ってほしい、とファンからリクエストされることもあるそうだ。「幸い、私の仕事ではそういうオファーを断ることができます。でもポルノ業界全般で言えば、女性は所属事務所や仕事相手の企業をがっかりさせたくないがために、自分がまったく気乗りしないものをやらなきゃとプレッシャーを感じることはざらです。たとえ自分らしさや、自分が作りたいものが全く反映されていなくても」

リュクスさんが駆け出しのころは、回ってくる役柄は「アジア版ニューハーフ」や「売春婦、アジア系マッサージ店のような典型的な役柄」がほとんどだったそうだ。「権力の大半は白人男性の手に握られているから、そういう作品の表現やあらすじ、服装、人物像にはインクルージョンなんてかけらもない」と彼女は言う。「個人的には納得していなかったけど、生計を立てるためにそういう描き方も受け入れた。自分にはもっと価値があると感じていた。でも仕事だから、同意したの」。彼女の話では、自分の人種やジェンダーアイデンティティゆえに、舞台裏でプロデューサーから侮辱的な扱いを受けたこともあったらしい。キャリアを重ねた結果、彼女はステレオタイプな従属的アジア人の配役を避けるべく、むしろ支配的なイメージを取り入れた。だが「心の奥底では、(かけだしのころに)やったシーンが私の中でそれなりにトラウマになっている」と言う。


ポルノ制作会社の無神経な対応

ポルノ業界はこうした議論に敏感に反応してきたとは言えない。6人のアジア人女性が射殺されたアトランタの銃撃事件の直後、ポルノ制作会社のInked Angelsは#StopAsianHateというハッシュタグとともに、「フォローするべきタトゥーをいれたアジア系ポルノスター10人」のリストをツイートした。リストに名前が載せられたサヤ・ソンさんは、会社側がハッシュタグを勝手に利用し、「日が昇る国」など人種に無配慮な表現をリストに使ったとして非難した。するとサイト側は、「支援を示そうとすれば、批判や憎しみを買う」とツイートし、アカウントをすべて削除した(サイト側は問題のリストも削除したが、キャッシュはまだ残っている)。

クッシュさんも、銃撃事件の直後に配給会社がビデオに『アジアンマッサージの襲撃』というタイトルをつけて宣伝し、ツイートに自分がタグづけされたのを知って愕然とした。襲撃事件を受け、アジア系の描き方に関する業界内での議論は悲しいかな、長続きしなかったそうだ。「アジア系俳優が一致団結して、この手のことを話し合っているのは見たことがありません。いろんな意見があるとは思いますが」と本人。「『単なる演技じゃないか、たかが撮影、たかが衣装にすぎない』と言われるかもしれません。だとしたら、違う、こんなの間違ってる、と言う私はおかしいのでしょうか?」

動画サイトでは様々な人種や民族グループが分類され、「アジア系」「エボニー」「ラテン系」といったカテゴリーが成立していることに異を唱えるクリエイターも多い。確かにジョージ・フロイドさんの死に関する配慮を欠いた記事への非難をうけ、業界誌AVNが毎年恒例の授賞式から「エスニック部門」「異人種部門」を排除すると発表したのもつい2020年6月のことだ。

こうしたマーケティングはSEOの見地からすれば納得できるが、結果として俳優たちは、自分のアイデンティティが十把一絡げにされているという気持ちにさせられる。「個人的にはいいとは思わないし、動画サイトで目にする表現も女性蔑視的、人種差別的な傾向にあります。有色人種はこう描かれるべき、ビジネス的にはこうあるべき、という古いやり方に頼りきっているんです。そういうものに頼る必要はないと思いますよ」とペンさんも言う。だがえてしてポルノサイトは社会の嗜好を移す鏡だ。リュクスさんも言うように、業界全体の風潮を変えるには検索ワードを変える以上のことが必要だ。「使うのをやめない限り、そういう表現はなくならないわ」


屈辱的な撮影はもうやらなくていい

だが業界内で大規模な経済変化が起きたことで、有色人種のクリエイター全員に明るい変化の兆しが表れている。この1年、COVID-19のおかげでパワーバランスはスタジオや大手制作会社から、OnlyFansのようなプラットフォームの独立系コンテンツクリエイターへと大きくシフトした。こうした地殻変動により、俳優やクリエイターは以前よりも主導権を握ることができ、スタジオに頼ることなくキャリアの道筋を描くことができるようになった――つまり、自分の作りたいコンテンツを自由に作れるようになったのだ。

「会社側に頼る必要はない、お金を稼ぐために会社の言うことを聞かなくてもいい、というのが分かってすごく解放されました」とクッシュさん。彼女はこの1年、安全上の理由から撮影を避け、主にOnlyFansで生計を立ててきた。「無理に着飾ったり、屈辱を受けたりするような撮影をやりたくないなら、もうやらなくていいんです。私も今はカスタマイズ動画を作っていますが、『気乗りしない』と言うにしても、会社に言うよりファンに言う方がずっと楽です。背負うものもそんなに多くありません」

ポルノ業界や世界全体がパンデミックの陰から少しずつ抜け出し、企業も通常営業を再開しつつある中、現在の風潮に昨今の力関係の変化も相まって、制作会社も疎外された人々の表現に配慮するようになるだろう、とクッシュさんは期待している。そうでなければ、俳優は思い切って声を上げ、きっちり線を引くべきだと彼女は言う。「結局は、ポルノ業界の同意の問題に行き着くんです」と本人。「気乗りしない服を着るのも、お尻に何かを入れるのも、『私はやりたくありません。他のやり方を考えませんか?』と言える状況であるべきです」

だが、状況を変える上でとばっちりを食うのが俳優ではあってはならない、とリュクスさんは言う。権力を持つ立場の人々――プロデューサー、監督、配給会社――が率先して変化を起こすべきだと。「結局のところ、すべては責任の所在の問題。疎外された人たちから金を稼いでいる人みんなが、誹謗中傷や暴言や搾取的行動をこれ以上許さない、助長しないってことが大事です」と彼女は言う。「変化は上から起こすべきだと思います」

【画像を見る】触る、舐める、挿れる、悪行三昧のポルノ男優

from Rolling Stone US