新しい『西武園ゆうえんち』には『ゴジラ』ライドアトラクションも!

西武鉄道および西武園ゆうえんちは、株式会社刀と協業しリニューアルを進めている新しい「西武園ゆうえんち」のグランドオープンを2021年5月19日(水)に決定した。

新しい西武園ゆうえんちは、新しいのに懐かしい非日常のエンターテインメント体験へ巻き込むことで、多くのゲストの心を強烈に、エモーショナルに揺さぶる ”心あたたまる幸福感に包まれる世界” へと生まれ変わる。遊園地のゲートをくぐり、一歩足を踏み入れるとそこは活気・元気・熱気がほとばしる1960年代の懐かしいあの頃の世界。30もの店舗がずらりと並ぶ商店街で360°どこを見渡してもいたる所で巻き起こる、予想もつかない圧巻のライブ・パフォーマンスがゲスト自身も巻き込み没入させる。

また、独自の園内通貨を導入し、商店街の住人とのインタラクションを楽しむお買い物体験までアトラクション化。商店街から見上げる丘のうえにそびえ立つのは、戦後に「娯楽の王様」と呼ばれた映画館。

ここに、日本を代表するクリエイティブの英知を結集した、息つく暇もなくゲストを超絶大興奮の渦へと巻き込む大型ライド・アトラクションが新たに登場する。

今回登場するのは、1954年に日本で誕生し、現代に至るまで世界へ驚きと感動を提供し続けてきた大怪獣『ゴジラ』をテーマにした世界初のライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」! ゲストはゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放りこまれ、突如として襲われるスリルの連続に、息つく暇もない超絶大興奮な体験を楽しむことができる。

活気あふれる商店街を抜けた先には、心の底から懐かしさに没入できる遊園地のアトラクションの数々が、体験を一新して勢ぞろい。そして、家族が思い切り楽しめるファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」も新登場。日本を代表する漫画家、手塚治虫氏の『鉄腕アトム』や『ジャングル大帝』をはじめとしたキャラクターが登場する、世界初のファミリーエリアで心に響く懐かしさに巻き込む。

新しい西武園ゆうえんちは、当時を知る世代にとって強く懐かしい感情を巻き起こすのはもちろん、むしろ令和を生きる世代にとっての ”エモい” 感情とも通底し、人と人との触れ合いの重要性を再認識した今だからこそ、強烈に人々の心を揺さぶる体験として、ゲストを思い切り巻き込み「心あたたまる幸福感」に包み込む。

いよいよ5月19日(水)にグランドオープンを迎える西武園ゆうえんちに乞うご期待!

>>>イメージ図や園内通貨を見る(写真9点)

TM & (C)TOHO CO.、 LTD. (C)TEZUKA PRODUCTIONS

◆詳細
西武園ゆうえんち
2021年5月19日(水)オープン

営業時間:日により異なる
休業日:不定休
ライドアトラクション:12機種
商店街:30店舗
飲食施設:12店舗
料金:1日レヂャー切符(入園+アトラクションフリー)
大人(中学生以上) 4400円(税込)
子供(3才〜小学生) 3300円(税込)
※その他お得なパック料金もあり
※3才未満は無料

<コンテンツ詳細>
●生きた昭和の熱気がほとばしる「夕日の丘商店街」

活気・元気・熱気がほとばしる「夕日の丘商店街」には30もの店舗がずらりと立ち並び、360°どこを見渡しても1960年代のあの頃の世界。まるでずっとこの場所にあったかのような、細部にまでこだわった世界観設計は、そこに生きる人々の息遣いや体温まで感じられ、没入感を高める。
この商店街は単に古い町並みの再現ではなく、いたる所で予想のつかないライブ・パフォーマンスが繰り広げられる一大舞台空間。客席と舞台のような垣根が一切ない中、常にエンターテインメントに巻き込まれ続け、気づけばゲストものめり込んで参加している、新しい没入体験を楽しめる。
たとえば、ついさっきまで爽やかに道案内をしていたお巡りさんが、突如として泥棒との壮絶なパルクール・チェイスを繰り広げ、ゲストの間をかき分けて至近距離でのアクロバットなパフォーマンスを展開、ゲストもそのチェイスに巻き込まれていく。その他にも、おせっかいで人情味あふれる商店街の住人たちが、まったく予想のつかないハイスキルなライブ・パフォーマンスを繰り広げ、ゲストを巻き込み続ける。

●西武園ゆうえんち内のお買い物は「西武園通貨」がマストアイテム!

新しい西武園ゆうえんちでは「百園(ひゃくせいぶえん)」と「拾園(じゅうせいぶえん)」の2種類の園内通貨を導入、当時の物価そのままにお買い物や様々な体験を楽しめる。紙幣には、手塚治虫氏の人気作品『ジャングル大帝』のレオとパンジャをあしらい、当時の紙幣を感じられるよう色合いや手触りにも徹底的にこだわった。お買い物体験までもアトラクションの一つとして、ゲストが思い切り巻き込まれる体験を用意する。

西武園通貨で楽しめる ”懐かしいあの頃” のお買い物体験には、店員さんとの情緒的なふれあいやワクワク・ドキドキがあふれている。懐かしさが心に沁みる「食堂 助六屋」のライスオムレツや、食べ歩きにぴったりの「肉のおほみ」のクロケット(コロッケ)は風情たっぷり、「喫茶ビクトリヤ」での熱々のスパゲッティー・ナポレターナなど、懐かしく心揺さぶる食体験が盛りだくさん。米屋で買ったお米が目の前で大爆発するポン菓子体験に驚き、遊技場での射的体験で大興奮するなど、「西武園通貨」を使ってここでしか味わうことのできない体験が一日を通じて楽しめる。

◆ゴジラの世界初大型ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」が新登場!

「夕日の丘商店街」を見下ろす丘の高台に建つ、商店街の住人にとって憩いの映画館(夕陽館)に、『ゴジラ』をテーマにした世界初の大型ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦(以下、ゴジラ・ザ・ライド)」が新たに登場。
長きにわたり、日本のみならず、世界に名をとどろかせるゴジラは、誰もが胸をワクワクさせ感動した特撮映画の最高峰であり続けている。新しい西武園ゆうえんちの世界観と合致するのはもちろんのこと、日本を代表するクリエイティブの英知を結集し、圧倒的なスケールとクオリティで、ゲストがこれでもかというほどに巻き込まれ、超絶に大興奮するライド・アトラクションが実現した。

この「ゴジラ・ザ・ライド」では、ゲストはゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放りこまれ、突如として行われるスリルの連続に、息つく暇もない超絶大興奮な体験を楽しめる。次から次へと迫りくる予想を超えた展開は、あまりにスリリング! あまりに理不尽! その衝撃的な展開の連続には、日常では考えられない規格外の興奮が待ち受けている。

【ストーリー】
商店街から見える小高い丘に建ち、街の人々から愛される映画館には、多くの人々の笑顔で溢れていた。いつもと変わらない平穏な日常の中、東京に突如現れたのは、謎の巨大生物・キングギドラ。キングギドラは、町の建物をなぎ倒しながら埼玉方面へと移動を進める。館内の緊急放送では、キングギドラ以外にも、さらなる謎の巨大生物が接近していることを知らされる。
ゲストは、特殊災害対策部隊『特災対』の特殊装甲車に乗りこみ、ゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放りこまれ、無事逃げ切ることが出来るのか?

◆映画監督・山崎貴×刀社クリエイティブチームの最強タッグによるライド・アトラクション
日本を代表する映画監督の山崎貴氏が手がけた圧巻の映像美に、ゲストが体感するライドの動きなどテーマパークの体験設計にいて卓越した実績を誇る刀社クリエイティブチーム・津野庄一郎とのコラボレーションによって誕生した新ライド・アトラクション。
細部までこだわって作り込まれた映像とともに、ゲストの心理に合わせたストーリーやライドの動きを精緻に設計する事で、いまだかつて体験した事のないスリルと爽快感を全身で感じられる。
また、このライドに登場する大怪獣たちは、西武園ゆうえんちのために山崎監督が新たに書き下ろしたオリジナル。昭和のゴジラを髣髴とさせるどっしりとした風格のある佇まいでありながら、今見ても直感的にカッコいいと思える造形にこだわり抜いた。

TM & (C)TOHO CO.、 LTD. (C)TEZUKA PRODUCTIONS

◆情緒あふれるアトラクションの数々で、心の底から懐かしい体験に巻き込まれる
活気あふれる商店街を抜けた先には、西武園ゆうえんちのシンボルである「大観覧車」や、夕暮れになるとライトアップされ、幻想的な風景も楽しめる「メリーゴーラウンド」、まるで体ひとつで宙を飛びまわっているかのような、浮遊感とスピード感が味わえる「回転空中ブランコ」など、懐かしいあの頃へタイムスリップしたかのような世界が目の前に広がる。
西武園ゆうえんちで長く愛されてきたアトラクションの数々は、音響効果やフレンズクルーのおせっかいなほどのインタラクションにより、体験を一新する。1960年代の懐かしい雰囲気を感じるアトラクションの数々においても、心動かされる、あたたかい幸福感に包まれる世界を楽しめる。

◆ファミリーで楽しめるエリア「レッツゴー!レオランド」が新登場!

店街の外には懐かしいアトラクションたちに加えて、家族で思い切り楽しめるファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」が誕生。このエリアには、日本を代表する漫画家・手塚治虫氏の人気作品『鉄腕アトム』と『ジャングル大帝』のキャラクターが登場し、大人にとっては懐かしいけど新しい、子供にとっては新しいけど懐かしい、心に響く体験をお届けする。

日本のテレビアニメーションの扉を開いた金字塔といわれ、1963年に日本初の長編テレビアニメシリーズとして登場した『鉄腕アトム』。手塚治虫氏が上京してトキワ荘に居を構え執筆した、自身初の長編連載漫画で、レオが主人公の『ジャングル大帝』。いずれも、日本が世界に誇る漫画・アニメ文化の礎を築いた作品だ。
子供たちの心を鷲掴みにした両作品は、昭和から平成、令和と時代を超えた今でも愛され続けており、新しい西武園ゆうえんちが目指す、「心あたたまる幸福感に包まれる」世界観にも合い、遊園地全体の体験をも盛り上げる。

大人も子供も楽しめる「レッツゴー!レオランド」には、颯爽と走り抜けるジェットコースター「アトムの月面旅行」や、回転型ライド・アトラクション「飛べ!ジャングルの勇者レオ」など4つのライド・アトラクションを含む、6つの体験が楽しめる。
また、アトムやレオをはじめとした手塚治虫氏の人気キャラクターたちをデザインした西武園ゆうえんち限定のグッズを販売するショップ「レッツゴー!バザール」も併設される。
西武園ゆうえんち
2021年5月19日(水)オープン

営業時間:日により異なる
休業日:不定休
ライドアトラクション:12機種
商店街:30店舗
飲食施設:12店舗
料金:1日レヂャー切符(入園+アトラクションフリー)
大人(中学生以上) 4400円(税込)
子供(3才〜小学生) 3300円(税込)
※その他お得なパック料金もあり
※3才未満は無料

TM & (C)TOHO CO.、 LTD. (C)TEZUKA PRODUCTIONS