九条瑠璃(栗山千明)、後輩・真宮亮(小関裕太)

栗山千明が主演を務める水ドラ25『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』(テレビ東京系、毎週水曜25:10~)の第2話が、4月14日に放送される。

本作は、栗山が演じる見た目“百戦錬磨”風、なのに実際は彼氏いない歴15年の超ド級の恋愛初心者・九条瑠璃と、笑顔の下に本音を隠した年下王子・真宮亮(小関裕太)の嘘から始まる、トキメキ必至のオリジナルラブコメディ。

第1話の放送後、インターネット上では、小関演じる亮の子犬のような振る舞いについて、「グイグイくるイケメン後輩に小関くんをもってくるところズルい。ハマるに決まっているではないか」「小関裕太わんこすぎん? 耳見えてきたよ?」といった声が上がっていた。

<第2話あらすじ>
酔っぱらって記憶をなくし、目覚めたら自分の部屋で隣に亮(小関)の寝顔が。酔った勢いで瑠璃(栗山)による恋愛指南として2人はお付き合いをする話になっていた。余裕をかまし亮を送り出す瑠璃だったが内心は「できっこない!」と動揺を隠せない。

そんな瑠璃とは対照的にオフィスでも亮は平常モード。一方の瑠璃は、モヤモヤしっぱなし……。

そうした中、亮から「今日、一緒に帰りませんか?」と誘われる。弟・惇太(草川拓弥)も助けてくれず、焦る瑠璃は、亮に連れられ夜景スポットへ。2人の“恋愛指南”ラブに思わぬ進展が!?