林原めぐみ “演じるキャラ”から学んだことは?「自分の生活に直結する役立ちがいっぱい!」
お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。今回のお客様は、声優・林原めぐみさん。2月20日(土)に書き下ろし書籍「林原めぐみのぜんぶキャラから教わった 今を生き抜く力」(KADOKAW)を出版した林原さんが、これまで演じてきたキャラクターから学んだことや、声優を目指す若者へアドバイスを贈りました。

林原めぐみさん



今回のお客様は、声優・林原めぐみさん。 「らんま1/2」の女・早乙女乱馬、「平成天才バカボン」のバカボン、「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイ、「ポケットモンスター」のムサシ、「名探偵コナン」の灰原哀など、数多くの有名キャラクターを演じている、日本のトップ声優です。2月20日(土)には、書き下ろし書籍「林原めぐみのぜんぶキャラから教わった 今を生き抜く力」(KADOKAWA)を出版。ご自身の誕生日でもある3月30日(火)には、歌手活動30周年を記念したベストアルバム『VINTAGE DENIM』をリリースしました。

TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:林原めぐみさん



◆演じるキャラから学んだこと

川島:これまで、さまざまなキャラクターを演じてきた林原さん。やはり演じるキャラから教わることは多々ありますか?

林原:自分の生活に直結する役立ちがいっぱいありましたね。

川島:違うキャラクター(を演じる時期が)がかぶってくることもありますよね? その切り替えが難しいのかなとか思って。

林原:「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」公開当時、有楽町マリオンに「みんな、死んでしまえばいいのに…」というエヴァンゲリオンのキャッチコピーの垂れ幕が下がっていたんです。(その隣に、同時期に公開されていた)「もののけ姫」のキャッチコピーが「生きろ。」。

その間に劇場版の「スレイヤーズ」があって、“おー! 全部アニメ!! すげえ時代が来たもんだな”と思って。“死ぬ”“生きる”“笑う”があって、“私、この世界に浸かっていれば生きていける!”みたいな気持ちになりましたよね。(アニメには)その全部があると思った。

◆声優を目指す若者への一言…!?

川島:そんな林原さんのもとに、“声優として成功したいんです!”っていう若者が来たとしたら、どういったことを教えてあげたいですか? 一言で言うのは難しいと思いますけど……。

林原:うーん。一言では難しいけど、“好きな人、嫌いな人、関わる人……全部、自分で演じられるような気持ちで、その人たちを見てみなよ!”って言うかな? 

川島:深い……。生きていれば、好きな人もいるし、嫌な人もいる。嫌な人と出会ったときも、それを声優の材料として研究するということですか?

林原:そうですね。たとえば、“この人は、何でこんなに高圧的な言い方をするんだろう?”って思って、その人のことを掘ってみたら、お父さんは大学教授で、すごく厳しい人だったとか。その人のルーツがわかって、“だからこうなのか”って思うと、“嫌い”の角度が変わるじゃないですか。

川島:ほー。だから逆に言うと、友達ばかりと仲良くしないで、嫌いな人との距離の取り方も変えなさいと。

林原:全部、観察ですよね。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(Spotify/AuDee )も、ぜひチェックしてください!

次回4月17日(土)のお客様は、高橋名人さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/