イタリア一流ブランドのパーツが装着されただけではなかったスポーティモデル|1993年式 ダイハツ シャレード デ・トマソ Vol.2|カッ飛びホットハッチ

【1993年式 ダイハツ シャレード デ・トマソ Vol.2】

Vol.1より続く

 そしてこの2社のコラボレーションで生まれたのが、あの〝デ・トマソ・ターボ〟だ。2代目G11シャレード・ターボをベースに、ピレリやモモ、カンパニョーロといったイタリア一流ブランドのパーツをぜいたくに投入したほか、ボディにエアロチューニングが施された。このコラボは3代目G100シャレードでも続き、残念ながら市販はされなかったが、1987年の東京モーターショーで披露されている。

1シリンダーあたり吸気2/排気2の4バルブをクロスフローレイアウトのエンジンなど【写真5枚】

Vol.3に続く

1993年式 ダイハツ シャレード デ・トマソ(G201)

初出:ハチマルヒーロー 2013年5月号 Vol.021(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

関連記事:カッ飛びホットハッチ