日本の工芸技術で再発見するアニメの世界 第1弾はガンダム純金像!

ウララキューブは、日本が誇る工芸技術と人気アニメーションをコラボレーションする新プロジェクト『U-Works』を2021年4月より始動し、第一弾としてTVアニメ『機動戦士ガンダム』より、24金製の純金像を数量限定で発売する。

TVアニメ『機動戦士ガンダム』は、ロボットを「モビルスーツ」という「兵器」として扱ったリアルな戦争描写や緻密な科学考証、複雑に織り成す深い人間ドラマで、それまでのロボットアニメの潮流であった単純な勧善懲悪では語れない「リアルロボットアニメ」というジャンルを確立した作品。1979年の放送以来、40年を超えて今なお絶大な人気を誇っている。

この度の新プロジェクト『U-Works』シリーズとして4月に発売するのは、純金(24k)約1000gを使用し、主人公アムロ・レイが搭乗する「RX-78-2 ガンダム」および宿敵シャア・アズナブルの愛機「シャア専用ザクII」を1/100スケールで製作した「純金像 RX-78-2ガンダム(ビームライフルVer.)」、「純金像 シャア専用ザクII」、約10cmながら躍動感あふれるポーズに仕上げた「純金像 RX-78-2 ガンダム(ビームサーベルVer.)」の3点。
いずれも熟練した職人の技で一点、一点丁寧に製作された本製品は、精密かつ精巧に各モビルスーツのフォルムが表現されている。

本製品は4月下旬より受注開始予定、受注から約2カ月かけて製作される。販売開始日、販売方法については4月20日(火)オープン予定の特設サイトにて案内される。なお日本国内のみでの販売となるため注意だ。

また、純金像につづく『機動戦士ガンダム』工芸作品第二弾・第三弾の発表を本年5月ごろに予定しているとのこと。情報は特設サイトをチェック、今後の展開に乞うご期待!

>>>金色に輝くモビルスーツ3種を全て見る(写真5点)

(C)創通・サンライズ