オリックス・宗佑磨

オリックス 4 - 4 日本ハム
<3回戦・京セラD大阪>

 このカード2連敗中だったオリックスは9回3点ビハインドを追いつきドロー。同一カード3連敗を回避した。

 オリックスは初回に佐野皓大が左翼5階席に飛び込む特大ソロを放つも、2回以降は相手先発の加藤貴之を打ちあぐねゼロ行進。先発の宮城大弥が7回2失点の好投も援護できず、2番手・能見篤史が髙濱祐仁にプロ初弾を浴びるなど、8回終了時点で3点ビハインドだった。

 それでも9回裏、2番手の玉井大翔を攻め立て反撃開始。二死一塁から7番・太田椋が右中間への安打で一・三塁と望みをつなぐと、代打・T-岡田が中前適時打で2点差。バッテリーミスで代走の一走・小田裕也が二塁へ進み一打同点のチャンスを迎え、途中出場の9番・宗佑磨の打球は前進守備の右翼手の頭上を越える同点適時三塁打となった。

 サヨナラへの機運が高まるなか安達了一は遊ゴロに倒れドロー決着となったが、連敗中のオリックスにとっては価値あるドロー。7回2失点と好投していた宮城大弥の今季初黒星も回避した。

 日本ハムは3点リードの9回に2連投していた守護神の杉浦稔大ではなく玉井大翔を送ったが、オリックス打線の反撃にこらえきれず3失点。8回1失点に抑えた加藤貴之の好投も実らず、今季初の同一カード3連勝を逃した。