村上に結婚報告をして、さらに謝罪するバービー

お笑い芸人・バービー(フォーリンラブ)と元フィギュアスケート選手・村上佳菜子が出演するバラエティ『バービー&村上佳菜子の編集長、私、イイ女になりたいの。』が、FODで配信中。#33では、4月9日に結婚を発表したばかりのバービーが、村上との友情を壊しかねない重大な事実を告白した。

3月某日、番組スタッフを楽屋に呼び出したバービーは「ちょっとね、お話があって」と切り出し、「世帯を持とうかなと。入籍しようかなと」と結婚を報告。報道の通り、31歳の一般男性とゴールインしたことを明かした。スタッフから「おめでとうございます」とお祝いされるバービーだったが、実は番組がスタートした2年半前にすでに夫と出会っており、これまで番組の歴史と共に、愛を育んできたことが明らかに。

バービーは「やらせじゃないですけど、皆様を欺くような形になってしまったことに関しては、すみませんでした!」と謝罪し、そのまま番組のパートナーでもある村上にも結婚を報告。「私、結婚しようと思って」と告げられた村上は一瞬フリーズするが、すぐに事情を察し、結婚を喜びつつも、「じゃあこの番組終わっちゃうじゃん。いい女になったってことでしょ? 私を置いて」と動揺していた。

番組が「いい女になって彼氏を見つける」というコンセプトだったにも関わらず、実はすでに恋人と交際していたバービー。番組スタートから半年後には同棲もしていたそうで、寝耳に水の村上は「揉めますよね、これは。私はちゃんと正々堂々シングルでここまでやってきているんですから。真剣勝負でやってるんですよ、真面目に」とバービーを問い詰めていく。さらに、バービーは以前番組で行ったリモート合コンの際にも、家に恋人がいたことを告白。村上は「これ仲が悪くなりますね」と指摘しながらも、スタッフがバービーとの信頼関係に言及すると爆笑していた。

そんなバービーの処遇は一旦スタッフが預かることになり、ここからは結婚に至った経緯を聞いていくことに。そもそもの出会いはインスタグラムで、夫が送ってきたDMに返信をしたことがきっかけで友人関係になり、互いが幹事になって開いた合コンで急接近。晴れて付き合うことになり、バービーの実家に2人で泊まったときにプロポーズをされたのだという。しかし、事実婚でもいいと考えていたバービーは、返事を一旦保留。長期間の話し合いを経て、バービーのアキレス腱の怪我をきっかけに結婚に至ったと説明した。

バービーが「一般人中の一般人」と表現する夫の写真を見せてもらった村上は、俳優のような爽やかイケメンぶりに興奮。「分けてよ!」と思わず叫んでしまう。また、バービーが「(感覚は)真逆なんだけど、補いあえる。凸と凹がガッチリ合ってる感じがする」と相性の良さを語ると、「はぁ~いいな~」と羨ましがっていた。