エヴァ“碇ゲンドウの恋愛”を勝手に大分析…彼は「恋愛PTSD」だった!?
TOKYO FMの新音声サービス「AuDee(オーディー)」にて配信中の番組「山田玲司とバグラビッツ」。漫画家・山田玲司と俳優・伊澤恵美子が、カルチャーやニュースをもとに“恋愛”を分析していくトーク番組です。3月14日(日)の配信初回は、「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」のヒットでも話題の「エヴァンゲリオン」シリーズに登場する、碇ゲンドウの“恋愛”を大分析しました。

「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)伊澤恵美子、山田玲司


◆碇ゲンドウにフォーカス!

1995年に初めてテレビシリーズが放映された「新世紀エヴァンゲリオン」。主人公・碇シンジがエヴァンゲリオン(人型汎用決戦兵器)に乗り込み、敵・使徒と戦うストーリーのアニメですが、その巧みな心理描写や複雑な作品構造が話題になりました。

アニメが放映されたのはバブル崩壊後のため、山田は「バブル崩壊で両親がそれどころじゃなくなって、親と切り離された子どもたちがたくさん出てきた。『捨てられた子どもたち』みたいな世界を代弁してくれたのが碇シンジ君」と解説します。

今回は作品そのものや主人公・碇シンジはさておき、シンジの父であり、敵とも言うべき存在である碇ゲンドウにフォーカス。「碇ゲンドウ 恋愛裁判」のトークテーマで、碇ゲンドウの恋愛模様を語り合っていきます。

伊澤:碇ゲンドウにスポットが当たることって、そんなにないんじゃないでしょうか?

山田:(エヴァは)「スターウォーズ」だからね。父と子の問題なんですよ。「スターウォーズ」もバグった父さんとの問題だし、日本だと「巨人の星」の星一徹っていう代表的なバグった父さんがいるでしょ。

こうした物語では、戦争体験など何かしらの理由で父親がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱えていることで、息子との軋轢が起きていると解説する山田。ゲンドウについて、「恋愛という戦場にいたんですよ。あれは、恋愛PTSDなんです」と分析しました。

◆碇ゲンドウが大学サークルにいたら…?

碇ゲンドウは妻・碇ユイのほか、ユイのクローンである綾波レイ、ネルフで働く赤木リツコとその母など、さまざまな女性と恋愛関係(もしくはそれに準じたもの)を築きます。伊澤はネルフ本部を「大学サークル」のようだと例えました。

伊澤:大学のサークルが地下にあったら、絶対にみんなバグるじゃないですか(笑)。だからすぐに好きになっちゃう環境ではあるんでしょうね。

山田:碇ユイさんって、サークルクラッシャー?

伊澤:いや、ユイさんは運命の人だったと思うんです。だからちゃんと碇ゲンドウが好きで結婚したと思うんです。

山田:ユイさんの気持ちがわかるんですか?

伊澤:逆に私はユイさんの気持ちがわからない。閉塞された空間のなかに男がいて、頭が良くて乱暴で「なんで王様なの?」って思ってるんだけど、プライドが高い高学歴女子は「なんで私、こいつのせいでドキドキしてるの?」ってなりそう(笑)。

山田:うわぁ~、そうか~!

*   *   *

番組では、さらに掘り下げた碇ゲンドウの恋愛分析も! 詳しくは音声配信サービス「AuDee(オーディー)」でチェックしてください!

<番組概要>
番組名:山田玲司とバグラビッツ
配信日時:日曜22:00配信
パーソナリティ:山田玲司、伊澤恵美子
番組Webサイト: https://audee.jp/program/show/100000214