「おとずれナース~精神科訪問看護とこころの記録~」

のまりの単行本「おとずれナース~精神科訪問看護とこころの記録~」が発売された。

現役の看護師でもあるのまりが、精神科の訪問看護師をテーマに執筆した「おとずれナース」。忙しさで話が聞けなかった患者が自殺未遂を起こしたことで、もっと患者に寄り添いたいと訪問看護の世界に飛び込んだ主人公が、うつ病、統合失調症、双極性障害などさまざまな疾患を抱える患者と向き合っていく。第1話では訪問看護の実態や、ゴミに溢れた家に住むうつ病患者と主人公がある出来事をきっかけに打ち解けていく様子が柔らかなタッチで描かれている。