沖縄からの新たな歌声 新人アーティスト・MATSURIの魅力とは?

沖縄県在住の新人アーティストMATSURIが、2021年4月4日に1st digital single『金魚すくい』をリリースした。

2001年生まれの新人アーティスト・MATSURI。彼女の楽曲制作のコンセプトは、誰しもが感じたことがあるであろう祭りの日にワクワクする特別な感情の表現。悩んでいる人や自分の居場所が見つけられない人にとって「ハレの日」のような存在のアーティストになりたいという。

MATSURIの歌手活動に注目が集まったきっかけは、自身のYouTubeチャンネルに投稿したKing Gnu「白日」のカバー動画。地元沖縄県のライブハウスや学校の文化祭などでカバー曲を披露していた彼女の、高校生とは思えない表現力と歌唱力はネット上でも注目を浴び、「白日」のカバー動画の再生回数は1年間で約250万回再生を突破している。




そんなMATSURIは、1st digital single『金魚すくい』で2021年4月4日に配信デビューをした。彼女は現在も沖縄県在住で、楽曲制作や東京の事務所との打ち合わせも全てリモートで行なっている。場所に縛られずに全国に発信していく彼女の活動スタイルは、ネットワークが発達した現代にふさわしい新世代のパイオニアでもあり、地方在住の若者らも夢を叶えられることを身を以て体現している。彼女の歌声と活動が広がりとともに、多くの若者が夢を追う勇気を感じることだろう。

また、1st digital single「金魚すくい」は、2021年4月10日スタートのテレビ東京系連続ドラマ『私の夫は冷凍庫に眠っている』の主題歌に抜擢。上述のコンセプトでもある祭りの日を連想させる金魚すくいを題材に、切なく揺れる恋心を表している。同作ドラマの脚本家・監督の御法川修は、詩人・高村光太郎の『最低にして最高の道』をメロディに乗せた音楽動画をYouTubeで見つけたのがMATSURIとの出会いだった。彼女の声で詩が歌われると、言葉の裏に秘められた痛切さが浮かび上がり、光を探し求める者のやるせない傷だらけの想いに感じられ涙したと言う。



そして、御法川修は、彼女の魅力を「どうしようもなく人を惹きつけてやまないもの、それは《さびしさ》なんだと思います。混じりっけのない純度の高い《さびしさ》を、MATSURIさんの歌声に感じるのです。恋人に甘えたり、友人とおしゃべりしたら紛れる類のさびしさとは違う、この世に生まれ落ちたときから抱え込んだ宿命のような、さびしさ」、「僕たちは今、明るい未来を信じられない時代を生きています。うわべだけの希望を語ったり、見せかけの優しさを取り繕ってみたところで、口にした瞬間から嘘になってしまう。MATSURIさんが歌う希望や光に嘘が感じられないのは、彼女が自分の奥底に巣くう《さびしさ》と向かい合っているからだと思うのです。さびしさは、切り捨てるべきネガティブなものでは決してない。自分のさびしさを、ひとりで静かに見つめてあげることは、いつか必ず力に転じると思うのです」と語っている。

そんな彼女のさびしさへの直視がドラマの核心とマッチしたのだと言う。「小説投稿サイトで話題となった原作のドラマ化。物語はホラーテイストのミステリーですが、主演の本仮屋ユイカさんが演じるヒロインの人物像はドラマのオリジナルとして創作したものです。そのコアとなるのが、やはり《さびしさ》なのです。人との関わりを断ち切った、冷たい結晶のようなヒロインが、発酵するように息吹を新たにし、やがて月の光に細胞がさらされるがごとく美しく、強くなってゆく。ドラマの裏に秘めたテーマと響き合う主題歌は、MATSURIさんでなくてはならなかった。今、心からそう感じ入っています」と、念願の叶ったオファーだったようだ。

特筆すべき魅力はやはり彼女の歌声であり、切なさと力強さの両方が強く感じられるところだ。「金魚すくい」のマスタリングを担当した南石聡巳は、「太く大人びた低音から伸びやかに広がる高音まで……。上手にコントロールできる沖縄在住ボーカリストMATSURIさん。そんなパフォーマンスができる子の年齢が20歳前と知った時には驚きました。ファースト配信シングル『金魚すくい』こんな時代に染み渡ることを祈っています」、今回MUSIC VIDEO制作をしたNiceB代表/ラジオディレクターの奈須裕之は、「壊れそうなモノほど美しい、そんな儚さを持った彼女はまだ10代。ガラスの様な繊細さと、深い海の様な強さが同居する声を世代を越えて沢山の方々に届けて欲しいと思います」と称するほど、彼女の歌声の魅力が存分に発揮された楽曲に仕上がっている。

また、パワープレイに選出した文化放送のディレクターなど関係者からも「歌声がとてもパワフルでいながら、かなり"切なさ"が含まれているな、と思いました。トラックは音使いがポップで今っぽさがあるな、と思ったらTREKKIE TRAXの方々のプロデュースとのことで納得! 声にいい意味で"ワルさ"が無いので、フロアで身体を揺らして聴きたくなるというよりは、直立不動で声に聴き入りたくなります。(アッパーなトラックで歌うとどうなるのか聴いてみたい気持ちもありますが…!)今後"ワルさ"を獲得していくのか、そうでないかは周りの環境とかにもよると思いますが、少なくとも今の時点で相当な"切なさ"と"声に聴き入らせるパワー"を持っているのは確実です。楽しみに注目しています!」と、業界内でもすでに注目を浴びているようだ。

実は、「金魚すくい」というタイトルには、今後アーティストとして活躍していくMATSURI自身の世の中に「見つけてほしい」、「選ばれてほしい」というメッセージも込められている。タイトルにもある金魚は、観賞用のために品種改良された魚であり、自然の川に放してしまうと色は黒くなり大きなフナに戻ると言われている。小さな水槽の中でしか綺麗に輝けない金魚と、歌手としてのMATSURIが輝ける場所はステージという限られた場だけである、という強い気持ちもリンクさせている。

そんな彼女の想いを存分に込めた「金魚すくい」は、夏祭りの夜の情景を彷彿させる幻想的で、ノスタルジーも溢れたサウンドに仕上がっている。楽曲の制作を担当したのは、クリエイター集団のTREKKIE TRAX。メインで担当したCarpainterは、「MATSURIの持つ儚くも芯のある歌声をうまく伝えられた楽曲になったと思います。また、音色に関してもどこか現実的ではない幻想的な響きを感じてもらえたら嬉しいです」、同じくメインで担当したMasayoshi Iimoriは「三人体制で曲を作るのは初めてのことでしたが、それぞれの得意分野で『MATSURIのポテンシャルを最大限に引き出そう!』という意気込みで制作した結果、お互いのやるべき作業がハッキリ分かれて歯車がバッチリ噛み合ったようにスムーズに進めることができました」とコメント。メロディ、作詞を担当したNative Rapperは、「伸びやかで懐かしく、限りなく透明な唯一無二のMATSURIさんの歌声。金魚すくいを題材に、素敵な歌声に少しだけ色をつけた歌を作らせていただきました。是非お聴きください!」と語っており、制作陣もMATSURIの魅力を引き出すために尽力し、納得のいくクオリティに仕上がっている。

MATSURIの地元・沖縄でも彼女への期待はすでに高まっている。MATSURIをデビュー前から知るライブハウスモッズのオーナー・喜屋武尚は「MATSURIちゃん最初に出会ったのは2016年頃だったと思います。いつも元気いっぱいのステージで観客を魅了してました。表現力と感情移入された歌声は誰にも負けないと信じております。今後のMATSURIの活躍に期待します」と、彼女の人柄にも太鼓判を押している。

エフエム沖縄のディレクター・伊是名優子は「透明感のある伸びやかな歌声が、高校生の頃から沖縄県内で話題となっていた彼女。 初めて1st配信シングル『金魚すくい』を聴いた時、彼女の歌声に引き込まれ、番組内で楽曲をオンエアさせて頂きました。楽曲の世界観を最大限に引き出す表現力で、彼女が今後もどういった歌を届けてくれるのか、早くも期待感が高まります。MATSURIさんの歌声が「金魚すくい」という曲をきっかけに、多くの人に届く事を願わずにはいられません」と、いち早く地元で彼女をプッシュしてきた。琉球放送のテレビプロデューサー・田村健介は、「私が最初に興味を持ったのは、シンガーとしてのMATSURIではなく彼女が描く独特なイラストでした。まるで沖縄らしくない寒色系の世界観に惹かれてMATSURIの楽曲を聴いてみると、その歌声は、昨今の暗く寒い暮らしの中で、聞く人の心に灯りをともすような暖かさにあふれていました。沖縄が育んだアーティストMATSURIの絵と音が、海を越えてたくさんの人たちに届きますように」と、歌声だけに限らない彼女のアーティスティックな才能を評価している。

沖縄から全国へと大きく舞台を移すMATSURI。力強さと切なさ、繊細さと深みが共存した歌声が日本列島に響く。満を辞して発表される今作「金魚すくい」はそんな彼女の大きな一歩目として、これまでの金魚鉢のような小さな場所から海を越えてその声を響かせてくれるだろう。これからの彼女の動向にも注目していきたい。


<リリース情報>



MATSURI
1st digital single『金魚すくい』

リリース日:2021年4月4日(日)

公式サイト:https://matsuri.beinggiza.com