“団塊の世代”の高齢化、若年世代の人口減少…「超高齢社会」を支える取り組みとは?
青木源太と足立梨花がパーソナリティをつとめ、暮らしに役立つ情報や気になるトピックを深掘りしていくTOKYO FMの新番組「青木源太・足立梨花 Sunday Collection」。4月4日(日)の放送では、厚生労働省・老健局の日名子まき(ひなご・まき)さんに、「みんなで支え合う介護の世界」をテーマに話を伺いました。


左から、青木源太、日名子まきさん、足立梨花



◆超高齢社会を支えるさまざまな取り組み
2007年に65歳以上の高齢者の割合が全人口の21%を超え、超高齢社会に突入した日本。その後も高齢化率は年々増えており、2025年には3人に1人が65歳以上になると推計されています。

そんな実情もあり、介護が必要となった高齢者やその家族を社会全体で支えることなどを目的とした「介護保険制度」が2000年に始まりました。私たちは健康保険に加入していますが、40歳になると介護保険にも加入して、健康保険料と一緒に介護保険料も納めることになります(40~64歳まで)。自分に介護が必要になったとき、この制度によってさまざまな介護サービス(訪問介護やデイサービス、介護施設への入所、車椅子やベッドのレンタルなど)を受けることができ、自己負担割合を1~3割までに抑えられます。

ちなみに介護サービスの利用者は、制度開始から20年で3倍以上に増え、多くの利用者やその家族の助けになっています。2025年には、団塊の世代(1947~1949年生まれ)が75歳以上になることから、日名子さんは「介護のニーズは大きく増加していくことが見込まれている」と言います。その一方で、介護の現場を担う若年世代の人口は急激に減り始めるという課題も。

そこで、「2025年以降も介護サービスが必要な高齢者にしっかりと提供していけるよう、制度や体制を整えていくことが大切。現在、さまざまな取り組みをおこなっています」と日名子さん。

その1つが、“通いの場”の充実。通いの場とは、地域の高齢者が定期的に集まり、体操やゲーム、お茶会などさまざまなアクティビティを通じて交流を楽しむ場のことで、生涯、元気に生き生きと暮らすための“介護予防”を目的とし、全国で展開されています。

2019年には全国でおよそ12万ヵ所まで広がっているものの、現在はコロナ禍で以前のようには集まれないのも現状。日名子さんは「高齢者は外出自粛が続くと、閉じこもりや健康への影響も心配」と案じます。一方で、通いの場に集まれない状況でも、Web会議システムやビデオメッセージを活用するなど、工夫しながら取り組みを続けているところもあります。また、スマートフォンを活用して運動や健康づくりができる「オンライン通いの場」というアプリケーションもあります。

このように、通いの場の充実に力を入れている理由について、日名子さんは「地域の高齢者が集まって交流することで、社会参加や地域づくりにつながる取り組みとして期待されています。人生100年時代を迎えようとするなか、国民の誰もが、より長く元気に活躍できるように、介護予防の取り組みを推進しています」と語ります。

◆元気な高齢者も活躍できる「介護助手」
高齢化が進み、介護サービスを必要とする人が増えている一方で、介護現場で働くことが期待される若年世代は減っています。そこで進められているのが、“通いの場の充実”と、“元気な高齢者”に介護現場で活躍していただく「介護助手」の取り組みです。

介護現場には、介護の専門的な知識や技能、経験が求められる仕事以外にも、ベッドメイキングや食事の配膳、清掃など、さまざまな業務があります。そこで、いわゆる“周辺業務”を切り分け、元気な高齢者に担っていただくことで、「介護職員は専門性のある介護の業務に集中できるため、介護サービスの質の向上にもつながる」と期待を込めます。

最近の介護現場では、見守りセンサーや装着型パワーアシストなどのICT(情報通信技術)機器やテクノロジーを活用して、介護の質を維持しながら、介護職員の負担を軽くする取り組みも積極的におこなわれています。

このように、現場も変化してきていることから、日名子さんは「若い人から高齢者まで、広く関心を持っていただき、介護の仕事を担ってもらえれば。今後は若い人から高齢者まで、地域で暮らすみなさんがつながり、関わっていただくことが、ますます大切になっていきます。これからも高齢者やその家族に寄り添い、暮らしを支えていけるよう、みなさんと一緒に取り組んでいければ」と思いを語りました。


パーソナリティの青木源太と足立梨花



小さい頃に通いの場を体験したことがあると言う足立は、「すごく楽しい思い出だったので、こういう場所がもっと増えればいいなと思いました」と感想を口にすると、青木は「若い方も、元気なおじいちゃんおばあちゃんも、みんなで取り組んでいくことが“介護”なんだと思いました」と話していました。

<番組概要>
番組名:青木源太・足立梨花 Sunday Collection
放送日時:毎週日曜 7:30~7:55
パーソナリティ:青木源太、足立梨花
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/collection/