「ただいま~」と家に帰ったら、いつも出迎えてくれるラブラドールが、なぜだか今日は来てくれない……なぜかハウスでじっと待機しているのはなぜだろう……そんな佐藤一明(@ksatowo)さんの投稿が話題になっています。

帰宅しいつも出迎えてくれるはずの犬がハウスから出てこない画像とその理由の画像です。(@ksatowoより引用)

ハウスでじっとこっちを見る、ラブラドールのロクさん。少し目線が下がり気味でなんとも大人しい様子ですが、どうしたのでしょうか……?

その理由は、佐藤さんのおうちの猫・ボンズさんのおやつを食べてしまったからのよう。その数なんと23本。佐藤さんが確認したところ袋の誤飲はしていないようですが、「悪いことをした」という自覚はあるようです。

  • ロクさんと、おやつを食べられてしまった猫のボンズさん(@ksatowoより引用)

「なんで犬って『自分が悪いことして怒られる』っていうのはわかるのにしちゃうんでしょうね、そこも可愛いんですけど」「我が家の犬どもも同じです。テンション上がって勢いでやっちゃうけど…やり終わってひとしきり落ち着くと、『やっちまったなぁ~』って我に帰る」「いろんな意味で、頭良いなぁ」と、犬を飼っている方からの同意のコメントや、「凄い! 上手に開けられたんですね」「賢いなあ」と驚きの声も。

猫用なのに、犬も夢中になるほどのこのおやつ、しかもロクさんの手の届かないところに置いていたはずだそう。佐藤さんは「人がいない時に首が伸びるタイプの犬だと思います」とイメージ図も投稿されています。

家族がいないときに、届くはずのない高さの食べ物がなくなっていることがあるので、確証はないけど人がいない時に首が伸びるタイプの犬だと思います。(@ksatowoより引用)

なお犬や猫を飼う方は、帰宅したときに経験したことがありそうなこのイタズラ。やられた! と思うと同時に誤飲していないかヒヤッとする瞬間ですが、散らかった袋を確認したところ、無くなった数だけ袋があり誤飲はしていないとのことで、一安心です。

ちょっとほほえましいイタズラと反省顔ですが、悪いことはしっかり伝えたそう。「まずはハウスから呼び出して、低い声でダメ! と、効き目はないだろうと思いながら一喝し、反省顔の犬を見て笑わないよう毅然とした態度を保ち、ハウスで反省するよう指示しました」と佐藤さん。トボトボとハウスに入っていく姿を笑わずに見ているのは、大変だったと振り返られていました。

  • 事件翌日のロクさん(@ksatowoより引用)

「普段から気をつけているんですけど、ちょっとした気の緩みで盗み食われてしまうので、ラブラドールは手強いです」と佐藤さん。賢く表情豊かなロクさんとボンズさんの日常や、犬の彫刻を投稿されている佐藤さんのTwitterですが、今後もロクさんの動向が気になるところです。