ピエール瀧、『ピエール瀧の23区23時』セカンドシーズン連載開始

ピエール瀧が、54歳の誕生日を迎えた2021年4月8日に『ピエール瀧の23区23時』セカンドシーズンの連載を自身のnoteアカウントにて開始した。

連載『ピエール瀧の23区23時』は東京23区の各区を夜中に散歩したら何が起こるのかを記録した、自由徘徊実験企画。2012年には『ピエール瀧の23区23時』(産業編集センター)として書籍を発行した。今回の連載は1つの区ごとに不定期に有料配信される。初回は「江東区編」で、25000字超えのボリュームに加え、撮り下ろし写真も多数掲載している。聞き手・構成は、瀧と親交の深いライター・カルロス矢吹が担当。また、撮影は横井明彦が担当し、タイトル画は天久聖一が手掛けた。

関連記事:ハリウッドザコシショウ、「誇張ものまね」の制作プロセスを語る


<連載情報>

ピエール瀧
『ピエール瀧の23区23時 セカンドシーズン』

※不定期配信
URL:https://note.com/pierre_taki_00
価格:1区ごとに350円
概要:ピエール瀧が東京23区の各区を夜中に散歩したら何が起こるのかを記録した、自由徘徊実験企画。
ルールは「23時になったら写真を撮ること」と「100円自販機を見つけたら興味本位で味見をすること」の2つ。

<書籍情報>

ピエール瀧
『ピエール瀧の23区23時』

発売日:2012年10月
産業編集センター / 四六判 / 368ページ
価格:1500円(税抜)
https://www.shc.co.jp/book/221

電気グルーヴ公式HP:http://www.denkigroove.com/