中村一太、ポルトガルのアーティストJoão Clementeとの最新作をリリース

べルリン在住の音楽家・中村一太(ex.the cabs/plenty)がドラマーを務めるIttaNakamura & João Clementeが、2021年4月11日に最新作『Haseru』をデジタル配信する。

2010年代にthe cabs、plentyのドラマーとして活躍した中村一太。2017年のplenty解散後はベルリンに移り、新たな解釈とアプローチを携えて、世界へと音楽を届けるべく活動再開。本プロジェクトで中村とコンビを組むポルトガル出身音楽家・João Clemente は、「Slow is Possible, Cat in a Bag」のメンバーとしても活躍中。すでに3年間にわたり共同で音楽を制作。これまでも「Interim Mountains」名義のプロジェクトで、即興音楽を奏でてきたが、本作『Haseru』は中村からの発案で、よりノイジーかつ、多様な構成を持つロックを表現した作品に仕上がっている。

関連記事:ジェイコブ・コリアーが語る、音楽家が新しい世界に飛び出すための方法論



新型コロナウイルスの影響下、ベルリン在住の中村とポルトガルへの帰国を余儀なくされたJoãoだったが、作曲、録音、ミキシングまでを二人で行い、わずか5ヶ月でアルバムを制作した。しかも本作ではを中村とJoãoのみで完結させた。楽曲制作においても、中村のドラムから構築していく実験的な試み、激しい個性がぶつかり合った全5曲が収録される。


<リリース情報>



IttaNakamura & João Clemente
『Haseru』

リリース日:2021年4月11日(日)
=収録曲=
1. Imminent Riots
2. Meticulous Ink Strokes
3. Staring Through the Cage
4. Griot
5. Doppelgänger