D.A.N.の2人が語る、自分たちの進むべき道

音楽、文芸、映画。長年にわたって芸術の分野で表現し続ける者たち。本業も趣味も自分流のスタイルで楽しむ、そんな彼らの「大人のこだわり」にフォーカスしたRolling Stone Japanの連載。DJやVJを招いたライブ・ストリーミング企画を開催したり、延期になっていたワンマンライブを有観客で成功させたり、激動する時代の波を横目に淡々と活動するD.A.N.。そのクールなサウンドの背景に迫った。

Coffee & Cigarettes vol.26 | 櫻木大悟+市川仁也(D.A.N.)
※2020年12月25日発売 Rolling Stone Japan vol.13に掲載された記事です。

スリーピースによるミニマルなアンサンブルと、官能的かつソウルフルなヴォーカルによって唯一無二のサウンドスケープを奏でるバンド、D.A.N.。2015年7月にリリースしたデビューEPで日本のシーンに衝撃を与えた彼らは、その強靭なグルーヴを磨き上げながら作品ごとに進化を遂げてきた。メンバーのうちの2人、櫻木大悟(Gt,Vo,Syn)と市川仁也(Ba)は中学時代の同級生で、かれこれ20年近い付き合いになるという。

「今や家族よりも長く一緒にいるんじゃないかな。プレイヤーとしてももちろん尊敬しているし、そのポテンシャルを引き立てるのが自分の役目だと思っています」と照れ臭そうに櫻木が言えば、市川も「友人でもあり、家族のようでもあり……もはやよく分からない関係になってきましたね(笑)。でもアーティストとして最も一緒に演奏したいと思わせてくれるのは、今も変わらず大悟と(川上)輝(Dr)です」と返す。これといった大きな諍いもなく、お互いの才能をリスペクトし合いながら、友人としての関係も続いているのは稀有なことだろう。しかも、この日2人が吸っていたのは同じ手巻きタバコ、銘柄は「GOLDEN VIRGINIA」だった。

「手巻きは普通のタバコに比べて味が格段に美味しいんですよ。それに、巻紙を自分で選べるのが楽しい。香りの大部分は巻紙が占めていると思うし、紙の種類によって燃焼スピードも変わってくる。タバコも一種の”娯楽”なので、せっかく吸うならちゃんと楽しみたいじゃないですか。ちなみに僕はヘンプの薄い巻紙がお気に入りです」(櫻木)


Photo = Mitsuru Nishimura

「僕は、大悟が吸っているのを見て”いいな”と思って始めました(笑)。最初はマトモに巻けなくて大悟にやってもらってたんだけど、少しずつ上手くなってきたような気がしますね。紙をクルクル巻いてる時間は、個人的は結構楽しいかもしれない」(市川)

「歩きながら巻けるようになったらもう一人前だよね(笑)。それに、手巻きを吸っている人が少ないので面白がられるし、そこで一つコミュニケーションが生まれるのも手巻きのいいところかなと思っています」(櫻木)


タバコにこだわりを見せる2人はファッションにも一家言を持っている。共に古着を好むが、そのスタイルは全く違う。

「近場にある馴染みの古着屋にずっと行っていますね。僕はその時の気分で買うことがほとんどで、特に何かテーマを決めているわけでもないのだけど、普通にセーターとスラックスを合わせるなど、結局のところベーシックなものを選ぶことが多いのかなと思います。ジム・ジャームッシュ監督の世界観が大好きで、ずっとジョン・ルーリーになりたいと思っていたからその影響もあるかなと(笑)。あ、最近だとガス・ヴァン・サント監督の『マイ・プライベート・アイダホ』(1991年)を観て、リヴァー・フェニックスの着こなしがカッコいいなと思いました」(市川)

「僕は最近、UKのラッパーに感化されているかも。スポーティな感じとか。スロウタイや、女性でいうとシャイガールとかが着ている服の感じが好きですね。よく中古のサッカーユニフォームやスニーカーなどを、ヤフオクで買ったりしています」(櫻木)

着ている服のテイストは全く違うのに、2人が並ぶと全く違和感がない。それどころか、絶妙な調和を醸し出すのはさすが長い付き合いだけある。そんなD.A.N.は今年で結成6年、デビュー5年を迎えたが、新型コロナウイルスの感染拡大によって、とてもアニバーサリーをファンと喜ぶ状況ではなくなってしまった。思うように音楽活動ができないことでの精神的ダメージは、市川より櫻木の方が大きかったようだ。

「強制的にライブが出来ない状況になったのは、音楽活動をスタートしてから初めての体験で。自分自身の存在意義みたいなことまで考えました。いくら音楽を作っても”これって意味があるのかな?”なんて、だんだん考えるようになってしまったんですよね。これまでライブをやることで自分を保っていたというか、ある種の自己肯定感を担保していたことを思い知りました」(櫻木)

「音源を作るだけで満たされる時もあるし、そういう人もいると思うんですけど、やっぱり外に発信するからこそ、それを聴く人がいてこそ意味があるというか。自粛期間中は、作品のリリースを延期せざるを得なくなったアーティストもたくさんいたじゃないですか。作品は出せない、ライブは当然できないとなると、ひたすら曲を作るしかない。でもどこにも発表ができないというスパイラルに陥ってしまった人たちは、きっと大変だったと思います」(市川)

そうした膠着状態を打破するため、櫻木は思い切って引越しをしたという。

「日当たりと風通しの良いところに引っ越して、気分も大きく変わりましたね。今までずっとベッドルームレコーディングのようなことをしていたけど、リビングと作業部屋を分けて、音量もしっかり出せるよう防音設備も整えました。おかげで機材を思う存分触ったり、音楽的な実験をいろいろ試してみたりできるようになって、ものすごくポジティブになれたと思います」


「その頃僕は、クラシック音楽をよく聴いていました。もともとポストクラシカル周辺のミュージシャンが好きだったので、彼らが通ってきたルーツミュージックを聴くことで、何か得られるものがあるんじゃないかと。それに最近、チェロを独学で始めたんですけど、本来のチェロが持つ役割みたいなところをこれまでずっと知らずにいたので、その辺りを踏まえる意味でも聴いておくのは無駄じゃなかったのかなと。ブラームスとか、誰もが名前を知っている作曲家から聴き始めています。ものすごくポップな旋律の曲もあれば、まるでプログレのような展開の曲まであって楽しいですね」(市川)

コロナ禍で自分と向き合いながら、楽曲制作に取り組んできたD.A.N.。緊急事態宣言が解除されるといち早くライブ再開の目処を立てた。10月には延期になっていたワンマンライブ『Strand』を東京・渋谷WWW Xと大阪・梅田CLUB QUATTROにて、それぞれ感染拡大予防のガイドラインに基づき有観客で開催し、無事に成功を収めている。リキッド・アーティスト中山晃子によるサイケデリックなVJは、彼らのオーガニックな演奏を視覚的に拡張し新境地を切り開いていた。

「着席スタイルだったので、視覚的な演出にもこだわりました。ただ、有観客のライブをやるまでには正直葛藤もあったし、制作チームと何度も話し合いを重ねて懸念事項を一つひとつ解消していく必要もありましたね。ようやく実現できて感慨深いものがあるし、ライブをしている時の喜びもひとしおでした。もちろん、それもひとえに周りの支えやお客さんの協力があってこそ。これが海外だったら同じようにはならないと思うんですよ。”マスク忘れちゃった”とか、酔っ払ってハメを外したりとかすると思うし、そもそもライブってそういう場所だし(笑)。それでもマナーをちゃんと守って楽しんでくれたのは、本当に感動するし感謝の気持ちしかないです」(櫻木)

現在D.A.N.は、新しい作品の制作に取り掛かっているところだという。そこにはコロナの影響も色濃く投影されているのだろうか。

「おそらく何かしらの影響はあると思いますね。ただ、パンデミックやBLMなど様々な問題がこの1年で起きて、それに対し何か意思表示を作品で示すべきという、ある種の強迫観念みたいなものが世の中全体のムードとしてあるじゃないですか。それって逆に窮屈だし、音楽をつまらないものにしてしまう気がしています。もちろん、政治的な思想を持って音楽活動をやること自体は、とても勇気がいるし素晴らしいことだと思う。そういう表現が一方にあって、”だったら自分はどうするのか?”を考えることがオルタナティブじゃないかと。世の中に対して常に関心は持ちながら、自分の進むべき道を見つけていきたいです」(櫻木)

D.A.N.
2014年、櫻木大悟(Gt, Vo, Syn)、市川仁也(B)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。2016年4月に1stアルバム『D.A.N.』をリリースし、CDショップ大賞2017の入賞作品に選出。2020年は最新曲を、モグワイ、エアヘッド、食品まつりがリミックスを手掛け3週連続でリリース。2020年12月ライブアルバムをデジタルでリリースし、2021年6月に待望の東京・大阪のワンマンライブが決定。
http://d-a-n-music.com/
live 2021 "Airplane Mode"
▼プレオーダー先行URL▼
4月9日(金)〜 4月13日(火)
https://eplus.jp/21dan/

2021.06.06 [sun] 大阪味園 ユニバース
時間:open17:00 / start18:00
料金:adv¥5,000 / door¥5,500 (ドリンク代別途)
LIVE : D. A. N.
(support : 小林うてな / Sohei Shinozaki)
チケット一般発売日 : 5月8日(土)〜
[INFO] SMASH WEST

2021.06.11 [fri] 東京 EBISU LIQUIDROOM
時間:open18:00 / start19:00
料金:adv¥5,000 / door¥5,500 (ドリンク代別途)
LIVE : D. A. N.
(support : 小林うてな / Sohei Shinozaki)
チケット一般発売日 : 5月8日(土)〜
[INFO] HOT STUFF PROMOTION

※枚数制限:1人2枚まで
※電子/紙チケット併用
※WEB/スマートフォン申込限定
<企画・制作>BAYON PRODUCTION / BIAS&RELAX Adv