英ケータハム・カーズの株式をVTホールディングスが取得

VT ホールディングス株式会社がイギリスの自動車メーカー、ケータハム・カーズ・グループ・リミテッドの株式を取得し、同社とその子会社2社を連結子会社にしたと発表した。異動する子会社は以下の通り。

Caterham Cars Group Limited (純粋持株会社)
└100%子会社:Caterham Cars Limited (ケータハムの標準車両の製造業務)
└100%子会社:Seven Motorsport Limited (上記車両の仕様変更業務)

ケータハム・カーズはVTホールディングス株式会社の連結子会社であるエスシーアイ株式会社の主力販売車種「スーパーセブン」を生産しているメーカーである。エスシーアイ株式会社は2009年よりスーパーセブンの日本正規輸入元ケータハムカーズ・ジャパンとして、伝説的な英国のスポーツカーブランドであるケータハムの車両販売とアフターセールス業務を行っており、現在、年間120台以上を販売している。また、日本最大級の小売業者グループのひとつであるVTホールディングス株式会社は、英国をはじめ、スペインや南アフリカにも投資を行っており、ロイヤルエンフィールド、モーガン、ロータスなどの二輪および四輪ブランドのインポーター業務も連結子会社を通じて行っている。

VTホールディングスの最高経営責任者である高橋一穂氏は今回の株式取得について、「VTホールディングスは、ケータハムをグループに迎え入れることを誇りに思います。 私たちは世界的に有名なパフォーマンスカーメーカーを取得しただけでなく、ケータハムの伝説を守る存在になりました。私たちは、セブンの軽量の精神を守りながら、今後の規制に対応すべく、開発にも力を入れてまいります」とコメント。

ケータハム・カーズの最高経営責任者であるGraham MacDonaldは、「高橋さんとチームは、ケータハム・ブランドのDNA、伝統、お客様、そして私たちの情熱を心より理解してくれています。 チームとして、新たなチャプターをスタートできることを楽しみにしております」と述べている。