生鮮品EC「センチョク」、新たに沖縄食材卸業者が出店 『沖縄フェア』で海ぶどうやソーキそば販売

約5000店舗に青果物を納入するフードサプライは4月5日、生鮮品EC「センチョク~新鮮直送卸~」において、沖縄食材専門卸業者である香那ホールセールの出店を発表した。それに伴い、利用者に沖縄の魅力を届けるキャンペーン「沖縄フェア」を実施し、都内では常時購入することが難しい食材の販売を開始した。

「センチョク~新鮮直送卸~」は、宅配当日に市場にあがったこだわりの鮮魚、・肉・野菜・果物をそれぞれ卸業者が厳選し、配送料500円という格安な宅配料で届けるサービス。敢えて地域限定(現在は23区・川崎市・横浜市一部)とすることで、高いクオリティ、コストパフォーマンスを可能にしている。

このほど出店した香那ホールセールは、都内を中心に約300店舗の沖縄料理店など沖縄業態の飲食店に、沖縄食材納入する専門卸業者。新型コロナウイルスの影響で、昨年4・5月および今年1・2月は、売上が平時の1~2割まで落ち込んだという。沖縄料理店なども、都心部では売上が6割減(緊急事態宣言下)と厳しい状況が続いており、卸業者として飲食店以外の新たな販路開拓(主にtoC)が急務とされていた。

おうち需要が高まる中、消費者からは新たな楽しみが求められているとし、自宅で楽しめる食材・商品を展開し、感染者減に貢献出来ればという想いもあり、既存宅配サービスの物流を使用する事により、物流コストを掛けず配送が可能となり、安価での提供を実現できる「センチョク~新鮮直送卸~」への参加に至ったとしている。出店に伴い開催される「沖縄フェア」を皮切りに、「センチョク~新鮮直送卸~」の利用者に新たな食材を提案する。

4月5日から4月17日まで開催する「沖縄フェア」は、沖縄観光コンベンションビューローの協賛を得て、利用者へ沖縄の魅力を届けるキャンペーン。沖縄県産海ぶどう、ハブバッツ、豚タンスモークなどがセットになった「沖縄夜のおつなみセット」(2980円/税抜)、沖縄県産海ぶどう、ソーキそば、サーターアンダギーMIX、オキハムポルトギューなどがセットになった「沖縄満喫まんぷくセット」(3980円/税抜)などがラインアップする。


「沖縄夜のおつまみセット」(税込み3218円)

また、「沖縄フェア」開催中に沖縄食材を購入した人を対象に、沖縄観光コンベンションビューローが提供する石垣島請福酒造のゆず酒と沖縄グッズが抽選で当たる「センチョク限定 沖縄フェアTwitterキャンペーン」も開催する。