『七つの大罪 憤怒の審判』第13話 エリザベスの呪いはどうなる…⁉︎

2021年1月13日より放送中のTVアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』、その第13話の先行カット&あらすじが公開された。

『七つの大罪 憤怒の審判』は、『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載され、累計3700万部を突破した鈴木央による大人気ヒロイック・ファンタジー漫画『七つの大罪』を原作としたTVアニメの新シリーズだ。

第13話は4月7日(水)よりテレビ東京系にて夕方5時55分から、BSテレ東にて深夜0時30分から放送開始となる。あらすじ、先行カットはこちら!

<第13話 「永き旅の終着」>
〈七つの大罪〉によって魔神王は討ち取られた。王を失った魔神族はリオネス王国からも撤退を始める。つかの間の平和が訪れるかに思えたが、肝心の問題は残っていた。エリザベスの呪いの刻限はあと一日しか残っていないが、それを解く手段であった戒禁も、魔神王と共に滅してしまったのだ。
エリザベスは自らの転生を受け止めるが、メリオダスは「呪いを解く方法はある」とあっけらかんと言い放つ。本来の魔力を取り戻したメリオダスは、マーリンによって可視化された ”永遠の生” と ”永劫の輪廻” を消し去るべく、魔力を放って打ち破る。

【各話スタッフ】
脚本:大草芳樹/絵コンテ:あおきまほ/演出:秦 義人/作画監督:あおきまほ、森本浩文、たかはしなぎさ/総作画監督:小林利充

>>>『七つの大罪 憤怒の審判』第13話先行カットを全部見る(写真7点)

(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会・テレビ東京