介護業界初のワンストップ通販サービスを開始 SOMPOケア、プラス、オザックスが連携、厨房用品を販売

SOMPOケア、プラス、オザックスは3月29日、SOMPOケアの提供する「ビジネスプロセスサポート」の新サービスとして、プラスが運営する介護・福祉施設向け通販サービス「スマート介護」のECサイトにおけるオザックスの厨房用品販売を開始した。介護・福祉施設の必要備品全般をスピーディーに購入できるワンストップ通販サービスにより、介護事業者の業務効率化に貢献を図る。

介護事業を展開するSOMPOケア、介護・福祉市場向けデリバリーサービスを展開するプラス、介護を含むさまざまな施設や店舗に業務用消耗品・厨房備品などの物販を展開するオザックスが連携し、実現した本サービスは、介護業界として初の介護事業者専用通販サービス。全国の介護事業者は、衛生用品や生活用品から厨房用品に至るまで、介護・福祉施設に特化した必要備品全般をスワンストップで購入することができる。



申し込み窓口となるSOMPOケアで手続きをした法人・施設は、介護・福祉施設向け通販サービス「スマート介護」内の本サービス専用ページにアクセスし、衛生用品や食事・口腔ケア用品、生活用品、事務用品などの消耗品に加え、新たにオザックスが提供する厨房用品を注文することができる。

SOMPOケアは、これまでに培った豊富なノウハウや実績を活かし、あらゆる面から介護事業の運営に伴う課題解決を支援するサービス「ビジネスプロセスサポート」を、2020年4月から全国の介護事業運営法人や新規参入の検討者に向けて展開。「ビジネスプロセスサポート」の提供により、全国の介護事業者と相互に発展していける関係を構築し、拡大を続ける日本の介護需要に対して、持続可能な介護サービス提供体制を実現することを目指している。

プラスが運営する介護・福祉施設向け通販サービス「スマート介護」は、衛生用品や食事・口腔ケア用品、生活用品、事務用品など、介護に必要なさまざまな商品をラインアップし、3万4000以上の介護・福祉施設で採用されている(2020年11月現在)。カタログ掲載アイテムは約2万1000点に加え、Webでは社外のさまざまなサプライヤーとのECサイト連携「みつかるマート」を含めて約1000万アイテム以上を取り扱っている。その利便性は多くの支持を得ており、SOMPOケアが運営する介護施設をはじめ、全国の介護・福祉施設で利用されている。また、オザックスは、多数の企業に業務用消耗品・厨房備品・食器・衛生用品等を販売。国内外2000社以上におよぶ優良サプライヤーとの取引により、豊富な商品ラインアップとコストメリットを実現している。


厨房備品や食器などを販売

従来、介護・福祉施設が必要とするさまざまな商品全般をラインアップしている通販サービスはなく、介護事業者は商品によって複数のサービスを使い分ける必要があり、業務効率面の課題となっていた。こうした状況を受け3社は、介護・福祉施設に特化し、必要備品全般を提供する本サービスの実現に至ったとし、全国の介護事業者の業務効率アップやコストダウンに貢献したいとしている。

3社は今後も、全国の介護事業者と相互に発展していける関係を構築するとともに、支援を必要としている高齢者および地域社会への貢献と、持続可能な介護事業運営の推進を目指していく考えを示した。