新感覚スイーツ「叩いて飲むバナナジュース」が 通販開始5カ月で1万本販売

BANANA BANANA(バナナバナナ)は3月17日、冷凍バナナをハンマーでたたき崩して飲む「叩いて飲むバナナジュース」が、通販サイト開設から5カ月間で、販売本数が1万本を突破したと発表した。ハンマーでたたくユニークさや、豊富な味のラインアップが好評を集めている。

【<画像6点>見た目もカワイイ「叩いて飲むバナナジュース」】

「叩いて飲むバナナジュース」は、エクアドル産のバナナを調理し、4日間熟成させてから、急速冷凍させている。購入者には冷凍便で配送。食べる際は解凍後、袋の上からハンマーなどでたたくことで、果実感を感じる生ジュースとして楽しむことができる。

コロナ禍で巣ごもりが続く中、食べる前にたたくというアクションが、ストレス発散になると話題を集めた。たたくユニークさに加え、パッケージにそのままストローを指して飲むというスタイルも、SNSでの拡散につながったという。

もともと、リアル店舗で販売していたが、昨年10月に通販サイトを開設し、購入しやすくなったことも販売促進の追い風となった。動画で商品の楽しみ方を解説するなど、新規ユーザーが購入しやすいコンテンツ配信にも注力している

通販サイトではチョコやキャラメル、練乳イチゴ、青汁など、バリエーション豊富なトッピングを選ぶこともできる。セット商品も用意しており、ハンマー付きのセットもある。


商品ラインアップも充実

テレビで取り上げられたことも人気に拍車を掛けた。バナナジュース自体がタピオカドリンクの次の注目商品として話題となる中、もう一工夫を加えて、商品化したことがメディアで取り上げられるきっかけにもなった。