アマゾンジャパン、自動ロック解除で置き配 専門家は「導入マンション急増の可能性」を指摘

アマゾンジャパンは2月25日、配送員が配達時に、顧客宅のマンションのオートロックを解除できる仕組みを導入した。顧客がアマゾンで買い物した際、配送手段に「置き配」を選択した場合に適用される。全国200棟のマンションでの導入を予定しているとしている。
 
マンションのオートロックを解除できる仕組み「Key for Business」は、「Amazonフレックス」や「デリバリープロバイダ」など、アマゾンの自社配送の仕組みの中に導入された。アマゾンの配送員は、同システムを導入したマンションの入り口で、スマホアプリを操作すると、オートロックを解除できる。
 
配送ドライバーがマンションに入館できるのは1回の注文につき1回限り。ドライバーが入館して置き配が完了すると、ロックの解除期限が切れ、次の置き配の荷物がない限り、ドライバーは同じ日でもマンションに入館することはできなくなる。
 
アマゾンジャパンは、賃貸物件管理大手の大東建託パートナーズ(本社東京都)や、綜合警備保障(ALSOK)などと協力して、同システムのマンションへの導入を進めていくという。アマゾンジャパンによると、オートロック付きのマンションであれば、どのような設備でも導入が可能だとしている。


【専門家の声】<アグザルファ 比良益章社長>
導入するマンション急増か

アマゾン出品者のコンサルティングを手がけるアグザルファの比良益章社長は、アマゾンのオートロック解除の仕組みを導入するマンションが、今後、一気に増える可能性を指摘している。
 
アマゾンの新サービスは、配送業者がインターホンを鳴らす必要がなく、利用者も応対しなくてよい。配送効率が非常に高まる施策だ。配送業者と利用者の双方にとって利便性が高く、コロナ禍で浸透した、「置き配」の仕組みに、さらにアクセルをかける存在といえそうだ。今回の仕組みが、アマゾンの自社配送に限定した施策である点にも注目する必要がある。マンション側にとってもメリットになるサービスであるため、今後さらに多くのマンションの管理会社との提携が進む可能性がある。そうなれば、置き配の導入社数が一気にに増加する可能性がある。